陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】

陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】
拡大する(全7枚)

冬から春に釣期を迎えるメバル。堤防から夜釣りで狙う人が多く、群れに当たると数釣りが楽しめる。しかし〝陸っぱり〟は、どうしても型が小さい。そこで今回はメバル釣りのキホンと良型を釣るコツなどを解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解...の画像はこちら >>

陸っぱりエサメバル釣りタックル

まずは、陸っぱりエサメバル釣りに使うサオ選びから。磯ザオの4.5mがちょうどいい長さで、これより長くても短くても、やや扱いにくい。硬さは1号を選ぶ人が多いが、万能なのは1.5号。これだと他魚のスズキなどに対応できる。

リールは小型スピニングに、2号のミチイトを巻いたもの。釣り具店のワゴンセールにあるサオ&リールセットでもいける。

陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】
サオとリール(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサメバル釣りの仕掛け

タックルを揃えたら仕掛け作り。ミチイトにウキ止めイト、シモリ、電気ウキ、ゴムクッション、サルカンの順でセット。これにハリス1.5号を1ヒロほど繋ぎ、ハリを結ぶ。ハリは細軸のチヌバリやメバル専用がいい。

陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】
使用する仕掛け(提供:TSURINEWSライター松田正記)

メバルのエサは二種類

エサは青虫とビワコエビ(モエビのLサイスでも可)の二種類を用意。青虫は切らずに1匹掛け、エビは頭か尾っぽにチョン掛けにする。

陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】
青虫(提供:TSURINEWSライター松田正記)

いずれもアタリの数はかわらないが、同じエサを使い続けると、メバルがスレやすい。そのため、青虫とエビを交互に使って飽きさせない工夫をする。


この記事の画像

「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像1 「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像2 「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像3 「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像4
「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像5 「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像6 「陸っぱりエサメバル釣り入門 【道具・エサ・良型手中のコツを解説】」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク