【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説
拡大する(全9枚)

冬は釣り物が少なくなり、オフシーズンとなる人もいるだろう。だが冬でも楽しむことができる釣りもある。その1つがエリアトラウトフィッシング、管理釣り場でのルアー釣りだ。ここではエリアトラウトの基本的な部分と、この季節のオススメの釣り方を解説したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方...の画像はこちら >>

エリアトラウトを始めよう

冬の間は夏場に比べると天候や水温などの面で釣り物が少なくなり、オフシーズンとなる人もいるだろう。だが冬は何も釣れない時期かというとそうではなく、冬でも楽しむことができる釣りもある。その1つがエリアトラウトフィッシング、管理釣り場でのルアー釣りだ。

主にポンド(池)タイプの釣り場が多く、そこにマス類(主にニジマス)を放してあるため、自然の釣り場に比べるとはるかに多い魚が目の前を泳いでいる。

目の前にたくさんいる魚をあの手この手で攻略していくのがエリアトラウトの醍醐味で、うまく釣り方がハマると10匹、20匹の釣果は当たり前の楽しい釣りだ。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説
親子で楽しむのも最高(提供:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

今回はエリアトラウトの基本的な部分と、この季節のオススメの釣り方を解説したい。

タックル&ギア

基本的なタックルについて紹介しよう。

【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説
タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 松尾尚恭)

ロッド

使用ロッドは6ft前後のエリアトラウト専用ロッド。ロッドの硬さはメーカー各社で表記がさまざまで味付けも違うため、目安として1~3gのルアーが投げられる表記のロッドであればいいだろう。


この記事の画像

「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像1 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像2 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像3 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像4
「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像5 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像6 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像7 「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像8
「【2022年】エリアトラウト入門 タックル・基本・冬の釣り方を解説」の画像9