船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターンに苦戦
拡大する(全3枚)

静岡県磐田市福田港の遊漁船へテンビン仕掛けを使ったタチウオ釣りに行ってきた。難しい冬パターンに翻弄される場面もあったが、持ち帰りは14匹。オフシーズンのこの時期に満足釣果を得られた釣行をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターン...の画像はこちら >>

船でのエサタチウオ釣り

3月4日、静岡県磐田市福田港の遊漁船へタチウオ釣りに行ってきた。地元愛知では時季外れだが、ここでは盛期とはいかないまでもそこそこ釣れる。タチウオ釣りは午前10時からなので午前9時集合。そろい次第出港で当日は顔なじみばかりの5人乗合。

ゆっくり走って天竜沖に到着した。無風で波もなく絶好の釣り日和だ。ヒートテックを着ていたので汗ばみ少々暑い。

タックル&仕掛け

私は7対3調子の安価なグラスロッド2mに、リールはフォースマスター1000、PEライン2号、テンビン、水中ライト、ハリスは16号3m2本バリ、オモリは120号。

エサは冷凍サンマの切り身、水中ライトは16cmと長いものを使っている。この長さがタチウオには効いているようだ。

ハリに付けるタコベイトは緑、赤、グローなどが定番だが、私は何でも釣れると思う。好みで白を使っても釣果はあった。

船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターンに苦戦
当日使ったタコベイト(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

1時間たっても無反応

午前10時になって釣りスタート。水深は約120mで、船長からどのタナまでを探るか指示がある。私は110mまで落とし、3mの仕掛けが落ち着くのを待ってから、電動リールで80mまでスロー巻き。巻く速度は4~7を使い分けた。


この記事の画像

「船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターンに苦戦」の画像1 「船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターンに苦戦」の画像2 「船テンビンタチウオ釣りで14匹 アワセどころ難しい冬パターンに苦戦」の画像3