磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法
拡大する(全6枚)

これから釣期を迎えるスジアラ。九州南部の磯に多く、ブッコミやルアー釣りのターゲットとして人気がある。アラ(クエ)よりも釣れる確率が高いことから、最近は関西や関東などからのファンも増えてきた。今回は一般的な「スジアラの釣り方」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対...の画像はこちら >>

スジアラとは

スジアラはアラよりも小ぶりで、アカハタよりも大きめ。全体的にオレンジ色がかっていることから、アカセビ、アカジョウなどと呼ばれる。

平均サイズは3~4kgあり、時折5~6kgが交じる。好物はイワシやキビナゴなどの小魚で、これを追って水面近くまで浮くこともある。

釣期

釣期は夏から秋。例年の傾向から言えば、5月の連休明けごろから見え始め、11月いっぱい釣れる。

タックル

タックルはイシダイ用の少し太め。アラ(クエ)と兼用なら、アラ専用のものを使う。タックルの大きさは、さほど関係ないようだ。

磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法
タックル例(作図:TSURINEWSライター松田正記)

仕掛け

仕掛けはイシダイとほぼ同じでいいが、ハリだけ大きくする。最低でも20号以上あったほうが、すっぽ抜けによるバラシを軽減できる。最近は瀬ズレワイヤー、ハリスともに市販のものがある。

磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法
市販の仕掛けを使用(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサ

エサは時季によって多少異なる。序盤でエサ取りが少ない時は20cm前後のイワシがよく、これを1匹掛けにする。エサ取りが増えるころは25cmほどのサバやアジ。最もエサ取りが多い秋は25cm前後のアジや現地調達の生きエサを使う。


この記事の画像

「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像1 「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像2 「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像3 「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像4
「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像5 「磯から狙う『スジアラ釣り』解説 釣り方キホンと釣れない時の対処法」の画像6