渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも
拡大する(全7枚)

4月11日、解禁翌日の奈良・野迫川村へ渓流アマゴ釣行。ルアーで狙い17~24cmのアマゴが18匹と20~26cmのイワナが3匹と、半日ではあるが満足の釣行となったのでリポートする。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワ...の画像はこちら >>

野迫川村で渓流ルアー釣り

4月11日(月曜日)、奈良県野迫川村の渓流にアマゴを狙って出掛けることにした。野迫川村のアマゴの解禁は4月10日と4月に入ってからの解禁で、解禁日の混雑は避けて翌日に訪れることにした。

自宅を午前2時に出発し、高野山を経由して野迫川村に入ったのは4時過ぎ。まずは遊漁券の購入できる場所へ向かうことにした。先に待たれている方も居たが、少しして年券を購入することができた。

野迫川村への釣行は、随分前に管理釣り場に何度か遊びに来たぐらいで、本格的に渓流へ入るのは初めてになる。少し放流状況や禁漁場所などをうかがい、放流場所となる川原樋川沿いの道を上流走ることにした。

渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも
川原樋川の風景(提供:TSURINEWSライター奈良鱒兵衛)

川原樋川の管理釣り場上流に入釣

禁漁となっている特別区(管理釣り場付近)を過ぎて少しすると釣り場である案内板が見えてきた。先客の車も見かけるが、少しした場所が空いていたので、先ずはここから楽しんでみることにした。

時計を見ると6時前、既に明るくなり少し慌ててしまうがウェーダーに着がえてタックルの準備をすることにした。今回のタックルは幾つかロッドを用意してきたが、4ft8inchを選び、4lbを巻いた2000番のスピニングリールをセット、最初に選んだルアーはシンキングミノー5cm、カラーはピンクヘッドアワビ張りを選んだ。


この記事の画像

「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像1 「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像2 「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像3 「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像4
「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像5 「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像6 「渓流ルアー釣りでアマゴ18匹 流れ込みの流芯では26cmイワナも」の画像7