波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】

9月下旬、長崎県松浦市福島の伊万里湾鍋串漁港に、サゴシ狙いのショアジギで釣行した。43cmのガンゾウヒラメ、さらにはサゴシがジグにダブルヒットするなどミラクルも起こった。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】

鍋串漁港でショアジギング

釣行当日は、次男と髙木さんの3人で釣行。今回はメタルジグを多めに用意。鍋串漁港は潮が良くなく、小雨交じりの天候だが、ナブラやボイルは確認できたので、ある程度期待はもてる。

波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】
鍋串漁港の広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

3人ともメタルジグをセットし、フルキャスト。ボトムまで落としてアクションを入れるが、エソの猛攻。取りあえずナブラやボイル待ちからのキャストを試みる。

ガンゾウヒラメ43㎝をキャッチ!

波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】
当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

そんな中、フォール中にズシリとロッドに反応がでて、強引にアワセを入れる。最初は元気よくゴンゴンと暴れたが、最後はゆっくりと上がってきた。手前まで寄せると茶色の平べったいやつで期待したが、タモに収めたのは43cmのガンゾウヒラメ。

本ヒラメではないが、薄造りにしてポン酢でいただくと非常に美味なのでキープ。

サゴシがジグにダブルヒット!

ありがたいお土産と思い、ストリンガーに掛けていると、正面でサゴシのボイルが発生。急いでキャストするとすぐに反応があり、やり取り開始。

サゴシと確信したが、何かおかしい。浮かせながら寄ってくると、なんと1つのメタルジグにサゴシが2尾付いている。フロントフックに1尾、リアトレブルフックに1尾のダブルだ。

波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】
1つのメタルジグにサゴシが2尾(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

まさかの出来事で、次男が丁寧にタモですくってくれた。相変わらずサゴシの反応は良い。

ガンゾウヒラメにサゴシを追釣

その後、場所が空いたので先端まで行き、対面の切れ波止をめがけてキャスト。シャクり上げているとズシリとロッドが曲がり、そこそこ抵抗しながら浮いてきたのは再度ガンゾウヒラメ。

波止でのショアジギングで43cmガンゾウヒラメにサゴシ【鍋串漁港】
ガンゾウヒラメ43㎝をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

当日はサゴシとガンゾウヒラメがよく釣れて、ほかの釣り人も同じように上げていた。

相変わらずポテンシャルが高い釣り場だと再確認しながら、その後もサゴシを追加。

魚種が豊富なだけに、いろいろ思いが募る中、夕マヅメを迎えたので後ろ髪を引かれる思いで納竿。しっかりと片付けをして、帰途に就いた。

<週刊つりニュース西部版 APC・成田義史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鍋串漁港
場所:松浦市福島町原免 この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。