磯での石物釣りで1.5kg頭イシガキダイ2尾 赤貝エサが吉【熊本】

大江(熊本県天草市天草町)のイシガキダイが最盛期に突入。水温の低下とともに食いが活発化している。10月9日の磯での釣行をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

磯での石物釣りで1.5kg頭イシガキダイ2尾 赤貝エサが吉【熊本】

当日のタックル

大江のイシガキダイは例年9月に本番を迎えるが、今年は水温が高かったためかムラが激しかった。しかし、後半から水温が少しずつ下がり始めると、全体的に釣果が上向いてきた。

午前5時すぎ、大江漁港から渡船に乗り、ビシャゴ瀬周辺の地寄りへ渡った。

まずは、まきエサのウニダンゴを3等分にして足元へ投入。さらにもう1袋をサオ2~3本先へ投げ入れ、仕掛け作りに取り掛かる。ハリはイシガキダイの小さいアゴをとらえやすい小バリで、石鯛ワイヤー13号。つけエサはガンガゼと冷凍のくわせ赤貝を用意し、交互に試してみることに。

磯での石物釣りで1.5kg頭イシガキダイ2尾 赤貝エサが吉【熊本】
当日のタックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

赤貝エサで1.5kgイシガキダイ

12~14mのタナを探ること30分、ガンガゼには反応がないので赤貝をハリに刺してみた。

すると、すぐに取られる。手数で勝負していくうちにサオ先がギュンと突っ込んだ。アワせると同時に足元に突っ込む引き。根に潜り込まれないように強引に浮かせたのは、1.5kgほどのイシガキダイだった。

磯での石物釣りで1.5kg頭イシガキダイ2尾 赤貝エサが吉【熊本】
本命イシガキダイを集中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

当日の最終釣果

連発を期待したが、エサ取りの猛攻が始まった。ガンガゼの丸掛けや芯掛けなども試し、なんとか1尾追加したものの、エサがなくなったところで正午前に納竿した。

今回は2尾にとどまったが、エサ取りの中に本命もいるはずだ。次回はエサの種類を増やして釣行したい。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
英光丸
出船場所:大江漁港
お問い合わせ:0969(42)5933
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る 2019年11月19日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。