侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】

今日の問診票

マダイと並び秋のコマセ釣りの王道ともいえるワラサ釣り。大好きな釣りで、自分なりに頑張ってはいるのですが、今ひとつ数が伸びません。何か良いアドバイスをよろしくお願いします。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・近藤惣一郎)

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】

診断結果

【朝イチ集中力欠乏症】

ワラサは身近なターゲットですが、その強烈な引き込みを味わった人の多くはこの釣りの虜になりますね。スタートが若干遅れた今年は、マグロの終わりとともに剣崎で、それよりも早く東伊豆でワラサが釣れ始めました。

数を伸ばすためには、念入りなタックルの準備を事前に行っておく必要があります。また時合いには、集中力を最大限に高め、釣れるときに取りこぼしなく釣ることが第一です。

時合いのタイミングは、日によって違うこともありますが、まず間違いなく”朝イチ”は時合いになります。朝の1時間だけ釣れて、その後は全く釣れないなんていう日もあります。

数が伸びない人の多くは、この朝イチの時合いへの準備、心構えが甘く、出遅れたり、バラシたり、取りこぼしをされる方がほとんどです。今回は、”朝イチ対策”を中心にアドバイスいたしましょう。

処方箋

朝イチから妥協の無いベストな釣りを実践するためには、乗船時、さかのぼって乗船前の準備から勝負は始まっているという心構えが大切になります。

釣友とのお喋りは、時合いが落ちついてから船の上で沢山出来るはずですから、乗船したらさっそく集中しましょう。

コマセワラサ釣りのタックル

竿は、とにかくバットパワーが強くなければなりません。それに加え強烈な引き込みをいなす粘りも重要です。しかしながら柔らかい竿は魚に振られて良くありません。

私も愛用するショットバイパーM、MH -210は軽量でありながら、バットパワーに優れています。7:3調子でコマセの振り出しなど操作性に優れる一方で魚が掛かってからは、6:4調子のように曲がり込み粘りを見せます。

またリールもパワーが必要です。手巻きやライトタックルで挑めば確かに魚のエネルギーを堪能するスリリングな釣りを楽しめますが、仕立てならまだしも、大人数の乗り合いでは、ヒットしたら出来るだけ短時間でやりとりして、時合いに効率よく仕留めることが、他者とのオマツリも防ぎ、釣果を伸ばすことにつながります。

ダイワなら300番でも十分なのですが、私はシーボーグ500MJを使用しています。より強いパワーはブリクラスがヒットしても安心ですし、スプール径が大きいのでバックラッシュなどのトラブルも少なく、糸巻き量が多くなるのでラインが高切れした際も安心です(シーボーグ500MJのスペックは、PEライン5号で400m、4号で500m)。

どんな釣りでもそうですが、様々なことを想定し、ワンランク余裕をもったタックルで挑むことが、不意のトラブルにも落ちついて対処することができます。ぎりぎりの勝負はリスクが高いのです。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
余裕のあるタックルがオススメ(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

前日までに行っておくこと

釣果を上げるには、前日までの準備が必須になってきます。

道糸のチェック

先ずは、道糸のチェックを重点的に行いましょう。傷があれば、いきなりのヒットでラインブレイクしてしまいます。するとその修正に時間を要し、せっかくの時合いを逃してしまいます。

前日までに必ず道糸の傷のチェックをし、傷があれば妥協無くカットするか、新しいものに巻き直して挑みましょう。私は道糸の先端に8号のフロロカーボン3mをリーダーとして結んでいます。

これはそのクッション性で針結束部への負担を減らすこと、手前マツリの予防、ワラサ釣りでは当たり前に生じる他者とのオマツリの際の互いの道糸損傷の回避といった効果があります。

なおリーダーを入れる場合は、その分道糸をカットして、必ずラインの色が10m毎に変わるようにしておきましょう。

スペアタックルの準備

仕掛けは勿論ですが、道糸で切れた時は天秤、クッション、ビシも失います。万一に備え、全てのタックルのスペアは持参すべきです。

幅広いハリス径の準備

ワラサ釣りは日によって、また一日の中でも釣況が変化しやすい釣りです。入れ食い時の10号ハリス、標準的な8号、食い渋りでマダイも視野に入れた6号など、ハリス径は幅広く持参しましょう。針結びに自信の無い方は太・中・細の市販仕掛けを十分量用意しておきましょう。

付けエサの準備

付けエサは、オキアミブロックとは別に用意しておきましょう。ワラサの場合、マダイほど付けエサのオキアミの大きさや形にこだわらなくても良い傾向はありますが、当日船宿が用意したブロックから良い付け餌が採れると過信していると、オキアミの状態が良くなく、苦戦を強いられる場合もあります。

現地でコマセ、付けエサとも調達できることも多いですが、朝イチから物理的にも精神的にも安心して勝負するためには、不確定要素は一つでも多く減らしておくべきです。イカ短冊を使う場合は勿論ですが、付けエサのオキアミも安心して使える大きさ、形のものを現地到着までに用意しておくべきです。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
強烈な引き込みと脂の乗った食味が堪能できるワラサ(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

乗船したら行うこと

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
今シーズンは11月半ばからワラサを狙う船が剣崎沖に集結(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

コマセブロック付けエサの解凍

第一投から妥協の無い釣りを行うにはコマセ、付けエサともポイントに着いた直後からベストな状態でなければなりません。ポイントまで近い場合は、特に早めの準備が必要です。

タックル、釣り座のセッティング

まだ暗い時間なことが多いので、慌てず落ちついて道糸を確実にロッドガイドに通し、ロッドキーパー、コマセバケツ、バッテリー、電源コードを最適な状態にセット。天秤・ビシ・クッションもセットしておきましょう。

仕掛け準備

朝イチは、時合いになることを前提に8号または10号の太ハリス6~8m仕掛けをセット。ただし食い渋る時も考え、釣り座には6号を6~8m仕掛けもすぐに交換できるよう備えましょう。バックの中に入れていても、すぐに交換できなければ意味はありません。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
良い日にあたれば大釣りも!(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

実釣開始後はコマセワークが重要

タナの指示は状況によって海面(上)からの場合と底からの場合があります。上からの場合は、タナよりハリス分深くビシを降ろし、2,3回シャクリながらタナまで巻き上げます。底からの場合は、底から10mの指示が多いです。

ビシが着底したら一般的にワラサのいる深さ、底から3m巻き上げ、やはり2,3回シャクり、コマセを振り出しながらタナまでビシを上げます。

この基本操作は、一般的な教材に記されていますが、実際現場で大切なことは、潮の流れによる道糸の傾きをできるだけ補正した上で、丁寧なタナ取りとコマセワークを行うことです。

特に、船長が底からのタナ取りを指示する場合は、潮が速いことが多いです。そのままビシを降ろすと着底時、かなり道糸の傾きが大きくなります。

海底が近づいたら一旦道糸の出を抑え、傾きが小さくなるよう努め、その後ビシを載せるように海底に降ろします。それでも傾きが大きいときは、底を取り直すといいでしょう。

初めの巻き上げも底から3mと決め込まず、2~4mの中で色々やってみて探りましょう。コマセは、特に朝イチは船にワラサを着かせる意味でも、全員で積極的に撒く努力が必要です。

コマセは、ビシいっぱいに詰め込まず6~7割くらいでビシ窓も調整し出やすくして、初めのコマセワーク+タナ取りでビシ内のコマセがほとんど振り出されるイメージで手返し良く、仕掛けを入れ替えましょう。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
ビシ窓調整は重要(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

なお朝の時合いで同乗者は釣れて自分が釣れない場合は、コマセがしっかり振り出されていないことやタナぼけ、ハリスが長すぎてコマセと付けエサが同調出来ていないことなどが考えられます。

ハリスが8mの場合は6mにしてみましょう。きっと自分にもアタリが出るはずです。一度アタリを出せたタナ取り、コマセワークをインプットしてアタリパターンとして繰り返し数を伸ばしましょう。

やりとりと取り込み

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
ドラグと巻上速度を上手く調整しよう(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

ワラサのアタリはまず穂先がフワフワした後、グッと引き込まれるパターンが多いです。ほとんど向こうアワセで針掛かりします。

ハリス径に応じて、予めドラグを調整し、特に6号ハリスの場合はファーストランは走らせますが、それが止まったら、しっかり頭を向かせましょう。

ラインを出し過ぎるとオマツリや根ズレでバラすリスクが高まりますが、8~10号の太ハリスでも強引な巻き上げはバラシの原因になります。

頭を向かせ主導権を握ったら、ラインテンションを変化させないことに留意して、ドラグと巻上速度を上手く調整し、派手なポンピングは行わず巻き上げましょう。

タモ入れは同乗者と協力して行うのが良いですが、船全体が時合いで忙しいときは、自分でタモ入れが必要になる場合もあります。天秤が海面に現れたら、竿はロッドキーパーに置いて、落ちついてハリスを手繰りましょう。ケガの予防に手袋や指サックは必需品です。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
取り込みは中乗りさんや同乗者と協力して行おう。(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

食い渋り時の対策

食い渋った時は、大抵ワラサのタナはベタ底になります。ハリス径を落とすことは良いですが、8m以上にハリスを長くし過ぎるとコマセとの同調も難しく、付けエサが底に着いてしまう場合があります。食い渋った時でも大切なことはコマセと付けエサを同調させることです。

根掛かりやカサゴなどの根魚が掛かる場合は、ハリス長を6mに戻しましょう。食い渋りで底付近を攻める時は、コマセを一気に放出せず、一回の投入で、幾度かタナを取り直し、コマセワークを繰り返すと良いでしょう。経験上、底を取り直そうとビシを落下させた時、それが誘いになってヒットする事も多いです。

釣った魚の扱い

魚が釣れたらエラの中の血管を切って血抜きを行った後、予め用意した氷冷海水の中で冷やしましょう。船長によっては血抜きをせず、そのまま氷冷することをアドバイスします。

これは食味だけでなく、むやみに血を流すとサメが集まってくることも考慮してのことです。船上で内臓を処理したり、魚をおろすことは控えなければなりません。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック【朝イチ集中力欠乏症】
美しいピンク色、脂の乗ったワラサの刺身は絶品(提供:WEBライター・近藤惣一郎)

<近藤惣一郎/TSURINEWS・WEBライター>

あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。