東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ

東京湾奥が例年にないほど盛り上がっている。年末年始に行なった3釣行をレポートしよう。中でも87cmブリの釣果には驚いた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ

今年の浦安沖や羽田沖、千葉沖

2019年の夏は、浦安沖や羽田沖、千葉沖にマダコが大発生。そこから晩秋にかけて船からはもちろん、陸っぱりでもこれまでに聞いたことがない好釣果があったことは記憶に新しく「30年ぶり」とも言われる爆釣を体験された読者も多いことと思う。

そして、晩夏からは現在にかけては、同エリアにサワラやイナダの大群が押し寄せ、最盛期には50~60隻の遊漁船やボートが集結、大いににぎわっていた。

さらに、12月にはこの東京湾最奥のエリアにタチウオの大群が入り「大型ぞろいで、脂ノリノリ。食味も最高」ということで地元の船はもちろん、横浜や富津、横須賀方面の船も遠征するほどだった。

かれこれ20年以上毎週ボートや遊漁船で様々な釣りを楽しんでいる私も、湾奥では初体験となる87cm7kgのブリを仕留めることができた。

12月29日は羽田沖でタチウオ狙いへ

今回は、東京湾原木中山の林遊船での年末年始の釣行を中心に、それぞれの状況と攻略法をお伝えしたいと思う。

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
ワクワクの湾奥キャスティングゲーム(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

12月29日(日)は、中島忍船長の舵取りでタチウオ釣り。ポイントは羽田沖の水深20mだ。浅いが、食い気がある魚のリアクションバイトを狙い、125gのピンクのメタルジグを試すと、これが大当たり。

軽くキャストしてジグを斜めにスライドフォールさせると、フォール中にガツンとルアーが止められるアタリ。反射的にアワせるとドンと乗った感触に変わり、重厚な横走りを楽しみながら抜き上げたのは、指5本98cmの良型。

その後も、フォール中心にアタリが途絶えず、短時間で18尾をキャッチ。しかも、すべて指4~6本級で、最大は110cmのドラゴンと本当に楽しいタチウオジギングになった。

エサ釣りでもタチウオツ抜け達成

エサで初挑戦していた阿部さんは同級を10尾キャッチして「タチウオ釣りってこんなに楽しいんですね。皆さんがハマッている理由がわかりました」と大喜びしていた。

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
初挑戦で極太タチウオのをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

12月30日は、ルアー五目へ

12月30日(月)は、一昨年から3年連続で楽しませてもらっているサワラを中心にしたルアー五目便に乗船。季節限定で大人気の釣り物だけに、中型船に16人と満員御礼で、私は左舷胴の間での釣りになった。

サゴシチューンを使い表層の高速ジャークで86cmをキャッチ。魚が沈んだタイミングは、40gのメタルジグのフォールと、シャクッての誘いで同級を2尾追加して、計3尾ゲット。

そして、シーバス狙いでは、ジグの高速巻きからのフォールパターンがハマッて入れ食いになり、キャッチだけでも24尾と、大満足のルアーゲームになった。

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
湾奥名物となっている極上サワラ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

1月5日はランカーシーバス狙い!

1月5日(日)は、前嶋青凪(セナ)船長の小型ボートで、ランカーシーバスを狙って出艇。

バイブレーションや、ビッグベイトで大型だけを狙うと、私に70cm前後の極太シーバスが3尾。

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
良型のスズキを確保(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

初体験87cm7kgブリを手中に

そして、終了間際にも強烈なアタリと引き込みが訪れ、数分間のファイトの末に姿を現したのは、87cm7kgのブリ。湾口や湾央なら聞いたことはあるが、湾奥のシャローエリアでこのサイズの登場は、釣ったのはもちろん、見たことも聞いたことも初めてだったので、記憶にも記録にも残る2020年の初釣りになった。

東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
湾奥初のブリが登場!(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

同船者の植草さんもビッグベイトで80cm6kgのブリを釣り、翌日にも同級が釣れたとのことなので、青物もまだまだ期待大。

今後の展望

今回の釣りでは、シーバスはもちろん、季節限定のサワラをはじめ、これまで釣れたことがないエリアでのタチウオやブリを手にした。私は東京湾の青物での自己記録更新を達成し、あらためて同エリアの魚種と魚影の豊かさを実感した。

「サワラやブリは水温的にも終盤戦になる」と思うが、今後、真冬から春にかけて、シーバスはメタルジグを使って小型・中型中心の数釣りが楽しめ、浅場のオープンウォーター(平場)のキャスティングゲームでは、80cmや90cm級のランカーが狙える季節になる。

今シーズンは高級魚のゲストが多彩なので、皆さんもシーバスを中心としたいろいろなターゲットの自己記録更新を狙ってチャレンジしてみてはどうだろう。

<週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:林遊船
東京湾奥が例年になくアツい 年末年始3days釣行で87cm7kgブリ
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。