【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に
高良健吾

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチコピーとともに、ベッドの下にはいつくばって女性の足に目をやる、不気味な中に寂し気を漂わせた高良健吾の姿があった。その瞬間、これぞ高良の真骨頂!と思わずニヤリ…。本作主演を「ご褒美」と喜ぶ高良に、その胸中を聞いた。

 高良といえば、『蛇にピアス』『ソラニン』『横道世之介』『多十郎殉愛記』など、代表作は多ジャンルにわたるが、2年前、29歳のときのインタビューでは、10代後半から20代前半は「自殺」「犯す」「殺す」など暴力や死を伴う役が比較的多く、「キツくて嫌だった」と漏らしていた。一方で30代を目前にして、「同じような役に20代とは違うやり方で再挑戦したい」と意気込んでいた。

 そして30歳(撮影時)で迎えた本作は、11年前にたった一度だけ名前を呼んでくれた女性に執着する孤独な男の“狂気の愛”を描いた物語。男・三井直人は、彼女の家の近所に引っ越すだけではなく、自宅に侵入、監視、盗撮、盗聴を繰り返し、オムツまでして彼女のベッドの下で数時間を過ごすという、かなり“ヤバい”男。しかしその狂気は、幼い頃から存在感がなく、誰からも名前すら呼ばれたことがない寂しい過去に起因する…。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高良健吾 Instagram
  2. 高良健吾 ドラマ
  3. 高良健吾 井上真央
高良健吾のプロフィールを見る
エンタメOVOの記事をもっと見る 2019年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高良健吾 + ドラマ」のおすすめ記事

「高良健吾 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「高良健吾 + 声優」のおすすめ記事

「高良健吾 + 声優」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。