【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 前編 東京凱旋公演直前! 黄金(ゴールデン)ペアを演じる江副貴紀&田口 司インタビュー 「一緒にいるのが当たり前」な2人の最後のダブルスへの思い

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 前編 東京凱旋公演直前! 黄金(ゴールデン)ペアを演じる江副貴紀&田口 司インタビュー 「一緒にいるのが当たり前」な2人の最後のダブルスへの思い
菊丸英二役の田口 司(左)、大石秀一郎役の江副貴紀

 ミュージカル『テニスの王子様』(以下、テニミュ)の最新公演、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編の東京凱旋公演が9月19日~29日に上演。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本公演は、これまでに東京、大阪、愛知、福岡、宮城と全国を回ってきた。青学(せいがく)黄金(ゴールデン)ペア・大石秀一郎役の江副貴紀、菊丸英二役の田口 司に、公演の見どころやゴールデンペアが培ってきた絆、そして“最後のダブルス”にかける熱い思いを聞いた。

−まずは東京凱旋公演に至るまで全国を回ってきた率直な感想からお願いします。

江副 最初は常に必死でしたが、だんだんといい意味でも肩の力が抜けてきました。試合中や2人の歌の中でも「ここをこうしてみよう」と、演出家さんと相談して熱くやっています。

田口 それで熱量が上がったりもしますし、最初と比べるとだいぶ変わっていると思います。せりふが少ないと表現が難しくて、ラリー中の声や「いくぞ!」という感じも表現してやってみようと話してきました。

−お2人は大石・菊丸として2018年7月の全国大会の氷帝公演から1年以上、150公演にも及ぶ舞台を踏んできました。後編を入れると200公演を越えますね。

江副 僕ら、そんなに組んでいるんですね。黄金(ゴールデン)ペアを組む前から2人でいることが多かったので、組んでから特別な“2人”になったという感覚はないんです。数を聞くとびっくりするけど、2人でいるのが当たり前なので。


あわせて読みたい

エンタメOVOの記事をもっと見る 2019年9月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら