【インタビュー】「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」橋本愛「全ての人に認められなくてもいい」 ある“法則”が自分らしく生きる「安心材料」に

【インタビュー】「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」橋本愛「全ての人に認められなくてもいい」 ある“法則”が自分らしく生きる「安心材料」に
橋本愛

「世の中は、2割の人が支えている」。イタリアの経済学者ビルフレド・パレートが唱えた経験則「パレートの法則」をモチーフにした「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」で主演を務める橋本愛。学生時代、「パレートの法則」に似た「2:8の法則」を発見したという橋本は、本作にシンパシーを感じてオファーを即決。この自ら見いだした法則によって、女優として生きることが「楽になった」とも話すが、その真意とは? 撮影中のエピソードとともに語ってくれた。

 本作は、殺⼈に隠された社会保障の闇と、そこに差し込む新たな希望を描き出すヒューマンミステリー。市役所の福祉課に勤める牧野聡美(橋本)が、殺されたベテランケースワーカーの素顔と不正受給の実態に迫る中、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく…。

 「パレートの法則」とは、「組織では全体の約2割の⼈間が⼤部分の利益をもたらしている。そこで有⽤な2割に当たる⼈間を外すと、残りの8割の中から2割の⼈間が新たに利益を⽣み始める」という経験則。

 タイトルの「誤算」には、「パレートの法則」を曲解すれば、社会から生活保護受給者は決していなくならず、誰もが“8割”側に転落する可能性を秘めている。また、そこからはい上がる者もいるため、弱者を弱者と単純に切り捨ててはならないという警鐘が込められている。

 橋本は高校生の頃、「パレートの法則」を知らなかったものの、「日本を『東京:その他』に分けると、いろんな意味で『2:8』ぐらいなのかな?」と思ったことをきっかけに、社会や人の動きなどから、この世界には「2:8の法則」があることに気付き、「そう考えると楽になった」と打ち明ける。


あわせて読みたい

橋本愛のプロフィールを見る
エンタメOVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「橋本愛 + 水着姿」のおすすめ記事

「橋本愛 + 水着姿」のおすすめ記事をもっと見る

「橋本愛 + 映画」のおすすめ記事

「橋本愛 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュース

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 橋本愛 Instagram
  2. 橋本愛 ドラマ
  3. 橋本愛 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。