【インタビュー】「女の一生」大竹しのぶ&高橋克実&段田安則&風間杜夫「一言一言がじんわりとお客さんの心に染みわたっていく作品に」

【インタビュー】「女の一生」大竹しのぶ&高橋克実&段田安則&風間杜夫「一言一言がじんわりとお客さんの心に染みわたっていく作品に」
大竹しのぶ、(後列左から)高橋克実、段田安則、風間杜夫
       

 昭和20年、終戦直後に森本薫が書き下ろし、杉村春子が初演した「女の一生」。杉村は、その生涯で、947回にわたって主人公の布引けいを演じ、観客から圧倒的な支持を得た。今回、その布引けい役に大竹しのぶが初めて挑む。段田安則が、けいが拾われる堤家の長男・伸太郎役を演じるとともに、演出も担当。堤家の次男・栄二を高橋克実、伸太郎や栄二の伯父・章介を風間杜夫が演じる。大竹、高橋、段田、風間に、公演への思いを聞いた。

-明治・大正・昭和という、激動の時代を強く生き抜く布引けいの一生を描いた本作ですが、令和の今、公演することについてどう考えていますか。

段田 新型コロナウイルスの世界的な流行という初めて経験する事態の中での公演で、さまざまな思いはありますが、過去を振り返れば、戦争で生きるか死ぬかという時代もありました。布引けいは、まさにそのような大変な時代を生き抜いた女性です。コロナを経験した今だからこそ、布引けいの人生がより浮かび上がるのではないかと思っています。

大竹 人生には想像もしていないことが起こります。一般市民からしたら、戦争もまさにそうです。この物語の中では、第1次、第2次世界大戦に巻き込まれていくけいたちの姿も描かれていますが、けいは、その中でも前を向いて生きてきました。コロナは戦争ではありませんが、同じようにみんながさまざまな思いを抱えて生きている今だからこそ、ぜひ劇場で生の声を聞いてほしいなと思います。


あわせて読みたい

大竹しのぶのプロフィールを見る
エンタメOVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大竹しのぶ Instagram
  2. 大竹しのぶ 服部晴治
  3. 大竹しのぶ 野田秀樹

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。