【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十六回「篤太夫、再会する」栄一や慶喜たちの無言の表情ににじみ出る豊かな感情

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十六回「篤太夫、再会する」栄一や慶喜たちの無言の表情ににじみ出る豊かな感情
拡大する(全2枚)
渋沢栄一(篤太夫)役の吉沢亮

 9月12日に放送されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」第二十六回「篤太夫、再会する」では、パリから帰国した主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)が、久しぶりに故郷・血洗島に戻り、家族と再会する様子が描かれた。

 村人たちが集まった宴会の席で、パリの土産話を面白おかしく語って聞かせる栄一の姿は、おしゃべりの本領発揮。時代は明治に移ったものの、戊辰戦争はいまだ終結せず、渋沢平九郎(岡田健史)をはじめ、多くの命が失われていく動乱の世とはかけ離れた農村の穏やかさに、心が安らぐ思いがした。

 そのにぎわいの中で強く印象に残ったのが、随所で登場人物たちが見せた無言の表情だ。そこには、喜びの裏に隠れた言葉にならない感情がにじんでいた。

 例えば、帰宅した栄一を温かく迎える家族の中で、ただ一人、硬い表情を見せる妹のてい(藤野涼子)。そして、そんなていに「なんだい、自分だけ帰ってきて」と責められた途端、口をつぐんで表情をこわばらせる栄一などだ。

 ていが栄一に放った「兄さまが、平九郎さんを見立て養子になどしなければ、今頃、平九郎さんは村で普通に暮らしてたんだに!」という言葉の通り、「平九郎の死」という悲劇がこの2人の間に溝を生んでいる。

 ていにとって平九郎は、結婚を約束していた相手。ところが、幕臣としてパリへ行く栄一が、当時の決まりに従って跡取りとして平九郎を見立て養子に迎えたことが、戊辰戦争で命を落とすことにつながった。


この記事の画像

「【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十六回「篤太夫、再会する」栄一や慶喜たちの無言の表情ににじみ出る豊かな感情」の画像1 「【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十六回「篤太夫、再会する」栄一や慶喜たちの無言の表情ににじみ出る豊かな感情」の画像2

当時の記事を読む

エンタメOVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大河ドラマ」に関する記事

「大河ドラマ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大河ドラマ」の記事

次に読みたい「大河ドラマ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク