【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」新しい時代の波に乗る栄一と乗り遅れた男たちの多彩な生きざま

 9月19日に放送されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」は、タイトル通り、かつての主君・徳川喜(草なぎ剛)が暮らす駿府藩で働き始めた主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)の活躍が描かれた。

 パリで学んだ知識を生かし、新しく設立した“商法会所”での商いを成功に導く姿は、まさに将来の“日本資本主義の父”栄一の本領発揮。距離があった武士と商人たちの仲を取り持つ姿も、農民出身の栄一らしい説得力にあふれ、見ていて心地よい達成感を覚えた。

 その一方でこの回、もう一つ印象に残ったのが、新しい時代の波に乗る栄一とは対照的に、その波に乗れず必死にもがき続ける男たちの姿だ。

 その一人が、川村恵十郎(波岡一喜)だ。かつて、栄一を恩人・平岡円四郎(堤真一)に引き合わせるきっかけを作り、慶喜に仕える栄一の上司でもあった川村は、幕府崩壊後、徳川家の領地・駿府藩に流れてきた元幕臣の一人として栄一と再会。栄一が商法会所の設立を提案すると、「われらに、商人と共に働けというのか」と一度は拒否する。

 だが、その後、考えを改め「何から始めればいいのか、教えよ」と、かつては身分が下だった商人たちから、商売のイロハを学び始める。その姿には、武士のプライドと、生きるためにはそのプライドを捨て、現実を受け入れねば、という葛藤がにじんでいた。

 そしてもう一組が、箱館で新政府軍と戦い続ける渋沢喜作(成一郎/高良健吾)と土方歳三(町田啓太)だ。彼らは、元号が明治に改まり、新政府が始動した今も幕臣として忠義を貫こうとしていた。


この記事の画像

「【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」新しい時代の波に乗る栄一と乗り遅れた男たちの多彩な生きざま」の画像1 「【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」新しい時代の波に乗る栄一と乗り遅れた男たちの多彩な生きざま」の画像2

当時の記事を読む

エンタメOVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大河ドラマ」に関する記事

「大河ドラマ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大河ドラマ」の記事

次に読みたい「大河ドラマ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク