【映画コラム】新機軸の新選組映画『燃えよ剣』

【映画コラム】新機軸の新選組映画『燃えよ剣』
拡大する(全1枚)
(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に何度も映画化やドラマ化をされた司馬遼太郎の原作小説に、新解釈や新たな場面を加えながら、原田眞人監督が映画化した『燃えよ剣』が公開中だ。

 江戸時代末期。武州多摩の農家に生まれた土方歳三(岡田准一)は、「武士になりたい」という思いを胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)ら、同志と共に京都へ向かう。そして、会津藩の後ろ盾を得て、芹沢鴨(伊藤英明)を局長に新選組を結成。芹沢を暗殺した後、近藤を局長に据えた新選組は、討幕派の制圧のため京都の町で活躍するが…、というおなじみのストーリー。岡田が指導したという殺陣がすさまじい。

 さて、今年のNHK大河ドラマ「青天を衝く」もそうだが、歴史ドラマはどちらの側や立場から描くかで、全く解釈や人物像が異なる。従って新選組も、討幕派から見た殺りくや粛清の集団として描かれることもあれば、この映画のように、内部から見た切ない青春群像劇として描くものもある。歴史ドラマは、そうした多様性が面白い。

 例えば、「青天を衝く」では、従来のマイナスイメージを一新した15代将軍・徳川慶喜が、山田裕貴が演じたこの映画では、従来のイメージのまま描かれている。対照的に、会津藩主・松平容保(尾上右近)を悲劇の将として強調して描いている。このあたりに作り手の思考や好みが反映されるのだ。

 原田監督には『関ヶ原』(17)と『検察側の罪人』(18)の公開の際に、インタビューをする機会を得たが、前者では黒澤明監督の『七人の侍』(54)の、後者では同じく『悪い奴ほどよく眠る』(60)と『天国と地獄』(63)の影響について語ってくれた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

原田眞人のプロフィールを見る
エンタメOVOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「原田眞人」に関する記事

「原田眞人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原田眞人」の記事

次に読みたい「原田眞人」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク