映画『KAPPEI カッペイ』初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の伊藤英明上白石萌歌西畑大吾なにわ男子)、大貫勇輔山本耕史小澤征悦古田新太と平野隆監督が登壇した。

 本作は、若杉公徳氏の伝説のギャグ漫画を実写映画化。1999年7月に世界が滅亡するというノストラダムスの大予言を信じ、乱世の救世主となるべく、厳しい修行に人生を捧げてきた「終末の戦士」たちの物語。

 完成披露の場で、「作品を否定するわけでないけど、(オファーが来たとき)ものすごい“これじゃないよ感”があった」と語っていた伊藤は、この日も“ボヤキ”を連発。

 「今日、完成作を初めて見たけど、面白かったです。特に『上白石ってすげー女優だな』と思った。見終わった後、胸がキュンとなる。でもそれ以外、何も覚えていない。何も残らない」と語って笑いを誘った。

 映画にちなみ、「人生で出会った救世主」を尋ねられた際も、「もしそんなエピソードがあったとしても、この作品でそのエピソードを話したくない。もうちょっと重みのあるトーク番組などで話したい」と語って意味ありげに笑った。

 一方、古田は「救世主は西畑」と即答し、「これからどんどん上がっていくわけだろ。俺とか小澤とか英明とか、皆おまえに付いていくからね。大河とか朝ドラとかやってよ」と懇願。

 小澤も「絶対に(一緒に)出ます!」とノリノリで、これには西畑も「ちょっと待ってください。プレッシャーがすごいです」と、タジタジの様子だった。

 終盤には、原作者の若杉氏から届いた手紙を、司会者が代読。その中で、演技を絶賛された伊藤は「うれしいです。でも最初に聞きたかった。この手紙を聞いたから言うわけじゃないですけど、本当に素晴らしい映画に携われて光栄です。自分の俳優人生がスタートするような作品に出会えて本当によかった!」と調子よく語って笑わせた。