綾瀬はるかが主演するドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。

 本作は、新川帆立氏の同名小説をドラマ化。敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)が、元彼の森川栄治(生田斗真)が遺した“奇妙な遺言”を知ったことから事件に巻き込まれていく様子を描くリーガルミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 麗子は、栄治が自分に遺した「し」「の」「だ」「を」「た」「の」「ん」「だ」という暗号に気付く。

 そして、栄治が持病のぜんそくの療養をしていた軽井沢の別荘に戻ると、森川家の金治(佐戸井けん太)、真梨子(萬田久子)、拓未(要潤)、雪乃(笛木優子)、紗英(関水渚)と、栄治の元カノで担当看護師だった朝陽(森カンナ)、栄治の愛犬の主治医だった獣医師の堂上(野間口徹)を呼び寄せる。

 そこで麗子は、「犯人にこっそり名乗り出てもらい、交渉の場を持ちたい」と提案を持ち掛けるが、誰も名乗り出ない。

 その後、調べを進めた麗子と別荘の管理人・篠田(大泉洋)は、再び森川家の関係者を別荘に集めて、推理を展開。すると、堂上が「僕が殺しました」と告白し、堂上の離婚した元妻と栄治が不倫関係にあり、殺意を抱いていたことを打ち明ける。

 放送終了後、SNS上には、「犯人はいろいろ予想していたけれど、2話で事件が解決して本当にびっくり」「いい意味で期待を裏切られた。スピード感があって面白かった」などの感想が寄せられた。

 また、ラストでは、麗子が栄治から相続した事務所に篠田がやってきて、2人がバディを組む展開となった。

 これについて、「タイトルの“元彼の遺言状”の意味が理解できた。なるほどと思った」「タイトルの伏線、回収したね。綾瀬はるかも大泉洋も大好きなので、今後が楽しみ」「2人の掛け合いに期待。斗真が綾瀬に大泉を託した理由も知りたい」といった反響が集まった。

この記事の画像

「「元彼の遺言状」第2話で事件解決の展開に「本当にびっくり」 タイトルの伏線回収し「綾瀬はるかと大泉洋のバディに期待」」の画像1 「「元彼の遺言状」第2話で事件解決の展開に「本当にびっくり」 タイトルの伏線回収し「綾瀬はるかと大泉洋のバディに期待」」の画像2