【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台
拡大する(全5枚)
舞台「千と千尋の神隠し」

 新型コロナウイルスの影響を強く受ける中、細心の注意を払い、できる限りの感染対策を施して、一歩ずつ前へと進んできた演劇・ミュージカル業界。現在も、緊急事態舞台芸術ネットワークの「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」、また政府および各自治体のガイドラインに基づいて公演が開催されている。そうした中、2022年は名作映画、名作コミックを原作とした大作舞台・ミュージカルの上演が多数予定されている。今回は、注目の舞台&ミュージカルをご紹介しよう。(※公演日程は、状況により変更になることがあります)

舞台「千と千尋の神隠し」

 スタジオジブリの大ヒット映画を、橋本環奈上白石萌音主演で初舞台化した「千と千尋の神隠し」は、東京・大阪公演を終え、5月1日~28日に福岡公演を開催する。

 舞台化に当たり、翻案と演出を、ミュージカルの金字塔「レ・ミゼラブル」の世界初演の潤色・演出を担い、英国ロイヤル・シェークスピア・カンパニーの名誉アソシエイトディレクターのジョン・ケアードが担当。主人公・千尋が迷い込んだ八百万の神々の世界を、考え抜かれた演出で作り上げた。

 登場する多彩なキャラクターの動きをアンサンブル(役名のないキャストをシーンごとに複数演じる出演者)たちによる人力で見せる手法は舞台ならでは。橋本、上白石をはじめとしたキャストたちの熱のこもった演技も相まって、物語の世界に没入することができる。


この記事の画像

「【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台」の画像1 「【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台」の画像2 「【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台」の画像3 「【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台」の画像4
「【舞台コラム】名作の世界を“生の芝居”で味わう! 2022年後半の注目舞台」の画像5