映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』完成報告会見が12日、東京都内で行われ、出演者のディーン・フジオカ岩田剛典佐々木蔵之介新木優子広末涼子村上虹郎小泉孝太郎稲森いずみ椎名桔平と西谷弘監督が登壇した。

 本作は、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決する、フジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」の映画化。本作では、不気味な島に住む華麗なる一族の闇に2人が迫る。

 ドラマ版と比べ、「獅子雄と若宮の関係で進化したこと」を尋ねられたディーンは「岩ちゃんの母性本能をくすぐる技術が進化しました」と紹介。

 「僕が岩ちゃん本人のことを知っているからかもしれないけど、普段は思慮深くて抑制が効いている岩ちゃんが、若宮としてはおちゃめだったり、失敗したりする。うまくいかないときの姿がかわいくて『頑張れ』ってなった。自分の中にも母性本能があるんだなと思いました」と振り返った。

 岩田は「ドラマ版からブランクがあったのに、最初の段階からすんなり若宮に戻ることができたのはディーンさんのおかげ。あのワンクールで培った“あうんの呼吸”が生きてきたのだと思う」とコメント。

 初対面からシンパシーを感じたそうで、「お互い役者をやりながら、アーティスト活動もやっているという共通のバックボーンがある。現場でもいろんなお話をさせてもらいました」と語った。

 資産家の娘・蓮壁紅を演じた新木は「私のバディがシベリアンハスキーのワンちゃんだったのですが、生き物と演技をするのはこんなにも大変なんだと思いました」と撮影時の苦労を回顧。

 その一方、「うまくいったときに、お互いに『うまくいったね』と分かり合える瞬間があった。そこのバディ感も楽しんでいただけたら」とアピールした。

 映画は6月17日から公開。