山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第5話が、14日に放送された。

 本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 弥生ビールの営業マン・丸谷康介(山田)は、コンビを組む真田和泉(芳根京子)と商品開発部のチーフ・須藤周平(津田健次郎)が、廊下の片隅で親しげに食事に行く約束をしているところを見掛ける。和泉に思いを寄せる康介は、須藤が和泉を抱き締めていたことを思い出して落ち込む。

 翌日、康介と和泉は、弥生ビールの新商品「夏浪漫」人気アニメのコラボ缶イベントの準備で大忙し。余計なことを考えないように仕事に集中する康介だが、ひょんなことから、この企画が和泉の発案だったことを知る。

 康介は、イベントが成功すれば、情報漏えいのぬれ衣を着せられた和泉の汚名を返上できるのではないかと考えるが、予定時刻を過ぎてもコラボ缶が届かない。

 須藤と食事の約束をしているためか、時間を気にしている様子の和泉を前に、康介は葛藤の末、和泉を先に帰らせることにする。

 泣く泣くライバルのところに和泉を送り出した康介が商品の到着を待っていると、まさかの発注ミスが発覚し、イベントは危機を迎える。

 放送終了後、SNS上には、「康介くんも和泉ちゃんも、鏑木さん(迫田孝也)も一ノ瀬くん(大橋和也)もみんな優しくて温かくて大好き」「コスプレシーンがかわい過ぎた」「和泉さん、表情の変化少ないのにちゃんと感情が分かるのがすごい」などの感想が寄せられた。

 また、康介が「好きに…なっちゃった」と思わず告白すると、和泉が無言で康介にキスをするというシーンが放送されると、「キュンキュンが止まらない」「康介くんの和泉ちゃんのためにっていう強い思いが伝わったんだね」「何、この展開!最高」と反響が集まった。