山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第6話が、21日に放送された。

 本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 弥生ビールの営業マン・丸谷康介(山田)とコンビを組む真田和泉(芳根京子)は、新商品のイベントを何とかやり遂げた。

 この企画を発案した和泉のためにイベントを成功させようと奔走した康介に、和泉は素直な言葉で感謝を伝える。その言葉に思わず、「真田さんのことが好きになっちゃった」と告白した康介に、和泉は突然キスをする。

 しかし、翌日以降、和泉は何事もなかったかのようにそっけない態度のままだった。

 戸惑いを隠せない康介は、これまでの元カノたちが康介の見た目のかわいさが好きだったことを思い出し、和泉も彼女たちと同じかもしれないと考え始める。そして、最後に思い出作りだけでもと、勇気を出して和泉をデートに誘う。

 迎えた記念すべき初デートの日、康介は初めて見る和泉の私服姿にドキドキしながら、考えてきたデートプランを実行する。楽しい時間を過ごす2人だったが、休日出勤中の後輩・一ノ瀬圭(大橋和也)から、康介に何度も電話がかかってくる。

 放送終了後、SNS上には、「異性の上司と、個人的に休日デートするとかおうちにお邪魔するとか、なさそうでありそうな状況が胸をドキドキさせる」「鏑木さん(迫田孝也)に泣きながら抱きつく一ノ瀬くんがかわい過ぎた」などの感想が寄せられた。

 また、和泉と康介の思いが通じ合い、今度は康介からキスをするシーンが放送されると、「めちゃくちゃキュンキュンする」「山田くんのキスシーンは美し過ぎる」「キスをした後に笑顔を見せてからする2回目のキスがたまらない」といった声も投稿された。