広瀬アリス松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、30日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 広瀬が演じるのは、食器ブランド「相楽製陶」の洋食器デザイナー・桜沢純。彼女と付き合っているフレンチビストロ「サリュー」のギャルソン・長峰柊磨(松村)の母・真弓(斉藤由貴)が、柊磨のもとにやって来た。

 真弓は、ギャンブル依存症で施設に入っていたのだが、そこを抜け出してきたという。

 本人の強い希望もあって、しばらく柊磨と同居することになるが、奔放なキャラクターの奥に潜む息子への底知れぬ愛と、自分に対する強い敵意を感じた純は不安を覚える。

 一方、響子(西野七瀬)は、週に1回、サリューの厨房でシェフの要(藤木直人)から料理を教わっていた。

 恋人にはなれなくても、2人の時間が持てることにささやかな幸せを感じていた響子だったが、要の過去がネットニュースで取り上げられてしまう。

 それを知った店のオーナーで柊磨の父・次郎(小市慢太郎)は、もはや店の存続は困難だと考え、すぐに閉店すると宣言する。しかし、何としても店を残したい柊磨は、次郎に自分が店を買い取りたいと申し出る。

 放送終了後、SNS上には、「純がめちゃくちゃ成長している」「西野七瀬ちゃんの影のあるお芝居がいい。切なくてつらい感じが出ている」「松村北斗の表情にキュンキュンする」といった感想が投稿された。

 また、真弓を演じた斉藤について、「演技がすご過ぎて、真弓さんのバックボーンを想像しまくってしまう」「敵意むき出しの視線が本当に怖い」「こういう母親いるよね」といった反響が寄せられた。