岩本照“座長ぶり”を褒められ照れ笑い 映画『モエカレはオレンジ色』で単独初主演
拡大する(全1枚)
生見愛瑠(左)と岩本照 (C)エンタメOVO

 映画『モエカレはオレンジ色』完成披露イベントが14日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、生見愛瑠、鈴木仁、上杉柊平浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、古川雄大、藤原大祐、永瀬莉子と村上正典監督が登壇した。

 本作は、独りぼっちの学校生活を送る女子高生・萌衣(生見)と、超シャイで真面目な消防士・蛯原(岩原)の不器用な恋愛を描く。

 本作で、映画単独初主演を果たした岩本は「みんなでワチャワチャして、本当に楽しい現場でした」と撮影を回顧。

 一方、“座長としてのプレッシャー”については、「全く感じなかったです。僕一人が頑張った作品でもないので。このキャストとスタッフがいたから成り立ったという感じです」と淡々と振り返った。

 とはいえ、先輩消防士を演じた古川は「お芝居もしっかりされているし、こんなにも格好良くてクールなのに、合間に滑稽な動きをしたり、おちゃめな部分がある。このギャップが面白くて、現場は常に笑いで包まれていました」と岩本の“座長ぶり”を褒めた。

 後輩消防士役の浮所も「ひーくん(岩本)から結構こまめに連絡を頂いた。『現場の芝居で悩んだときは連絡をくれ。何ができることがあればアドバイスをするから』と言ってもらえて、とても心強かったです」とエピソードを披露。拍手が起こると、岩本は照れ笑いを浮かべた。

 イベントでは、本作のキャッチコピーにちなみ、「〇〇を、好きになりました」というお題でトークを展開。「消防士」と答えた岩本は「(撮影に際し)トレーニングを間近で見させてもらったのですが、そんな中でも出動されるタイミングがあった。いつどこで何が起きるか分からない状況で自分の命を懸ける姿を見て、改めて格好いいなと思いました」と話した。

 映画は7月8日から公開。