井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】
拡大する(全2枚)
井上小百合

 子役の阿久津慶人が主演し、埼玉県入間市が全面協力した映画『ラストサマーウオーズ』が、6月24日から入間市で先行公開、7月1日から全国公開となる。本作は、内気な小学6年生の男の子・陽太が、好きな女の子のために仲間を集め、自主映画を制作しようと奮闘する姿を描く青春物語。主人公の陽太を阿久津が演じ、子どもたちを見守る小学校の担任教師・土方を元乃木坂46井上小百合、主人公の兄・宮武匠を7ORDERの長妻怜央が演じる。埼玉県入間市が舞台となる本作。埼玉県出身でもある井上が、本作の魅力や子どもたちとの撮影の様子、小学生時代の夏の思い出や、撮影を通して得たものなどを語ってくれた。

-最初に台本を読んだときは、どんなことを感じましたか。

 子どもたちの姿を面白く、生き生きと描いていて、読んでいるだけでも楽しくなりました。また、子どもたちを取り巻く大人が、子どもたちの姿勢を見て、そこから学んでいく過程が、とてもすてきだなと思いましたし、大人にとっても、いろいろと感じることができる深い作品だなと思いました。

-撮影に当たって、ワクワクしたことは?

 一番は、地元の埼玉県で撮影ができたことです。監督も埼玉出身で、キャストも埼玉出身の方が多かったので、同じ地域で育った人たちが再会して、地元で撮影ができるというのが感慨深くもありました。埼玉の魅力を全国に知っていただけるチャンスになると思いましたし、映画が公開されたら、地元の皆さんが見てくださるんじゃないかなとか、両親や地元の友達、私が通っていた学校の先生がどんな気持ちで見てくれるのかな、というのがすごく楽しみになりました。


この記事の画像

「井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】」の画像1 「井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】」の画像2