X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして、時代を超えて支持されるロックのカリスマ“hide”。1998年に急逝した後、彼の実弟が意志を継いで仲間たちと困難を乗り越える姿を描いた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』が、7月8日から公開される。主人公でhideの弟・松本裕士役を演じるのは、本作が映画初主演となる今井翼。学生時代からX JAPANのファンだったという今井に、本作に挑んだ思いや役作りについて、さらにはhideの魅力を聞いた。

-今井さんにとって、本作は初主演映画となります。出演が決まったときの心境を教えてください。

 2年ほど前に芸能活動を再開させていただいてから、おかげさまで舞台や、映画、ドラマなど、さまざまなキャリアを積ませていただく中で、改めて仕事ができる喜びや、芝居の難しさ、面白さを感じながら40代を迎えることができました。そんな中、今回のお話を頂いて、本当に僕でいいのかなという思いもありましたが、すごく光栄でした。複雑で繊細な役どころを自分なりに意思を持って務めたいと思いました。

-hideさん亡き後の、彼の周りの人々の再生を描いた物語だと知ったときはどう感じましたか。

 映画の原作は、弟の裕士さんが当時のことを記された書籍(『兄弟 追憶のhide』)ですが、今回、僕も原作を読んで知ったことがたくさんありました。伝説のカリスマであり、ファンの方にとっては生きがいだった“hide”という存在が突然亡くなったときの喪失感はものすごく大きかったと思います。映画の中には、当時の報道映像も流れますが、どれだけの人たちが悲しみに暮れたのか分からないほど、ショッキングなことだったと改めて感じました。なので、裕士さんたちが、そこから進んでいくのはとてつもない道のりでした。その険しい道のりを、hideさんが残した大切なものを絶対に守り抜く、ファンに届けるんだという強い思いだけで進むことができたのかなと、胸に迫るものがありました。


この記事の画像

「今井翼「hideさんが残したものを大切にしたい」 『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演【インタビュー】」の画像1 「今井翼「hideさんが残したものを大切にしたい」 『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演【インタビュー】」の画像2