伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第3話が3日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1割という困難な壁に立ち向かう男・岡谷渉(伊藤)の姿を描くリコン・ブラックコメディー。

作家業引退を公言した鈴木おさむ氏が手掛ける、地上波連ドラ最後の脚本作となる。

 愛娘・心寧(磯村アメリ)が公園でケガをし、一緒にいた夫の渉をここぞとばかりに責める妻の綾香(篠田麻里子)。しかし、その腕には、渉の見覚えのない真新しいタトゥーが刻まれていて…。

 後日、綾香は、不倫相手の司馬マサト(小池徹平)に自分たちの関係が渉にバレているのではないかと相談するが、マサトは彼女の心配を一蹴し、「君には今の人生は地味すぎる」と諭すのだった。

 実は綾香はもともとアイドルデュオ「KOIRAM」のメンバーで、華やかな世界で活動していたが、あることを機に活動自粛に追い込まれた不遇の過去があった。

 一方、探偵・三砂裕(佐藤大樹)から綾香とのなれ初めを聞かれた渉も、彼女との出会いから今までの一端を語る。

それから再び凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉と裕だったが、渉はトキ子から自分の甘さを指摘され、涙する。

 そんな中、マサトと綾香の禁断のあいびきは、さらに過激さを増して…。

 放送終了後、SNS上には、「篠田麻里子の悪嫁っぷりと、過去のかわいいアイドルのギャップがたまらなかった」「篠田麻里子はやっぱりかわいいし、演技もうまい」「渉の綾香への告白が真っすぐですてきだった。すごく幸せそうだったのになんで…」「いつもあっという間に終わってしまう。水野美紀の演技が別人みたいですごい」などの感想が寄せられた。  

 終盤では、渉が自宅のソファの下に隠れている中、綾香とマサトが不貞行為に及ぶ“地獄の展開”となったことから、「小池くんと篠田さんの絡みがギャグにしか見えなくなってきた。

伊藤くん、頑張れ!」「渉がかわいそうで見ていられない。頑張れ、渉」「渉は良い旦那さまなのに…頑張れー!」など、渉へのエールのコメントも多く投稿された。