西島秀俊が主演する日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)の第5話が、11日に放送された。

 本作は、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し、音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく様子を描くヒューマンドラマ

(*以下、ネタバレあり)

 俊平(西島)と瑠李(新木優子)の関係を勘違いした響(芦田愛菜)は、たまたま2人でいるところを目撃。そのこともきっかけとなり、響は家出をする。

 予想だにしない出来事に動揺した俊平は、志帆(石田ゆり子)の元を訪ねる。そこで、2人は響のために協力し合うことに。ところが響が家出した先は意外な所だった。

 そんな中、あるハプニングが起きて、海(大西利空)も家出をする。

夏目家がバラバラになっていく中で、明らかになっていく5年前の出来事の真実とは。あの日、俊平と響の間に何があったのかが語られる。

 放送終了後、SNS上には、5年前の出来事の真実が明かされたことについて、「家族を壊した罪悪感を認めたくなくて俊平さんのせいにしている響ちゃんの吐露、俊平さんの耳には入ったかなあ。響ちゃん、最終回までには素直になれるんだろうか」「響さん、そして、出演者皆の笑顔の数が、だんだんと増えてきましたね。もっともっと笑顔の数が増えるといいな」といったコメントが見られた。

 一方、「海くんの気持ちが痛いほど分かってしまってしんどかった。

だから最後に4人でご飯を食べてるシーンが見られてよかった」「海の言葉や行動が次の展開を呼び込む。重要な役回りだと思う。それをサラリと演じている大西利空さんすごいな」「最後の4人で食事をするシーンは泣けました。 やっぱり家族はすてきだなって。海くんを見てもらい泣きしてしまいました。みんなが幸せに終われますように」など、海を称賛する声も上がった

 また、「大輝くんの歌唱。

うれしいワンシーンをありがとうございました。響ちゃんとの笑顔の場面もよかった」「まさか歌声が聞けるとは! BOOMのファンだった私にとっては、うれしいサプライズでした。ありがとう」「柳亭小痴楽さん。ご本人登場!」「小痴楽さんが出てきたので、正座して拍手しながら見ちゃった。続きの落語が聴きたかった」など、大輝(宮沢氷魚)の歌唱シーンや、響が大ファンの小痴楽の登場も話題に上った。