NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。

その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演しているのが、俳優だけでなく、“BE:FIRST”のRYOKIとして音楽活動も行う三山凌輝。朝ドラ初出演の舞台裏を語ってくれた。

-「虎に翼」への出演が決まったときのお気持ちは?

 長い歴史を持つ朝ドラに出演させていただくことは、俳優として一つの目標でもあったので、本当にうれしかったです。これから役者として歩んでいく上でも、大切な作品になると確信しました。これまで応援してくれたファンの皆さんも喜んでくださったので、恩返しができたような気持ちにもなりました。

-責任感が強く、家族思いの直明を演じる上で、意識したことは?

 直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近いものがありますので、そのまま出していこうと考えました。

直明は、家族から愛情を注がれてきた人ですが、僕も同じように家族の愛情を受けて育ってきたので、そういう部分もそのままお芝居に生かせると思いました。

-成長した直明として三山さんが初登場した第41回から、猪爪家の一員として違和感なくなじんでいましたね。

 直明が岡山から帰ってきた初登場の場面は、僕の撮影初日だったので、とても緊張しました。それまで猪爪家を演じてきた皆さんの中に飛び込まなければいけないので、プレッシャーもありましたし。ただ、何年も家族と離れて暮らし、久しぶりに帰ってくれば、少しよそよそしくなるのも当然かな、と思ったので、そういうプレッシャーや緊張感もお芝居に生かそうと。あとは皆さんに身を任せ、その場で感じた気持ちのままお芝居しようと考えていたら、皆さんが初対面の僕を、本当の家族のように泣きながら抱きしめてくださって…。

感激しました。そのおかげで、家族と再会を喜び合うリアルな空気感が醸し出せたような気がします。あの感動は今も忘れられません。

-第11週では直明の言葉が大人たちの心を動かし、寅子が苦戦していた家庭裁判所の設立に向けて動き出すきっかけになりました。

 あの場面は、直明が寅子を助けた形ですが、元々、直明にそのつもりはなく、自分の考えを素直に話したに過ぎないんですよね。それが結果的に助けることになっただけで。

「私も同じことを言っていたのに…」とぼやく寅子のコミカルな様子も含め、「虎に翼」らしいすてきなシーンになったと思います。実はあのシーン、猪爪家として使っていたスタジオを、裁判所のセットに建て替えて撮影しているんです。撮影の日、それまで家族で食卓を囲んでいたスタジオに入ってみたら、まったく様子が変わっていたので驚きました。ご一緒される俳優の皆さんも、滝藤(賢一/多岐川幸四郎役)さんをはじめ、初対面の方ばかりでしたので、別の作品かと思ったくらいで(笑)。おかげで、朝ドラのスケールの大きさを実感しました。

-直明の姉・寅子役の伊藤沙莉さんの印象は?

 気さくで親しみやすいすてきな方です。

伊藤さんのお兄さん(お笑いコンビ”オズワルド“の伊藤俊介)が僕たちのグループ(BE:FIRST)を応援してくださっている話や、沙莉さんのファンの僕の母が舞台を見に行った話などで、初日から盛り上がりました。プライベートな話も気軽に聞いてくださいますし、とても優しいお姉さんです。もちろん、素晴らしい俳優なのは、言うまでもありません。驚いたのは、直前まで前室(撮影時の待機場所)で笑いながら話をしていても、本番になった途端、号泣するお芝居をされるんです。物語の前後の状況がないまま、いきなり泣く場面から始まっても見事なお芝居をされるその姿に、いつも圧倒されています。

-猪爪家の子どもたちを演じる子役と一緒の場面も多いと思いますが、現場でのエピソードなどありますか。

 花江(森田望智)さんの息子の直人と直治(を演じる子役)の2人に毎回、「直明兄ちゃん、食堂に行こう」と誘われるのですが、3人とも坊主頭で身長差もあるので、並んで食事している姿をはたから見ると、ちょうど携帯電話の受信状態を示すアンテナマークのようになるんです。しかも、気が付くと全員同じカレーを食べていて、まるでショートコントだなと(笑)。毎日のように坊主頭3人で食堂にいるのが話題になってしまったらしく、注目されるのがちょっと恥ずかしいですね(苦笑)。でも、僕は元々子ども好きで、子どもの頃の将来の夢が幼稚園の先生だったので、みんな可愛くて、一緒にいて楽しいです。

-「虎に翼」の魅力をどう感じていますか。

 人間の泥臭い部分や矛盾した部分を見事に落とし込み、きれいごとではない人間味のある物語になっていますよね。

作品に込められたテーマも現代に通じるものがあり、ご覧になっている方が自分のこととして捉えられるので、皆さんが共感されるのではないでしょうか。

-三山さんは、本作の吉田恵里香さんが脚本を担当された「生理のおじさんとその娘」(23)にも出演していますが、吉田さんの脚本の魅力をどう感じていますか。

 「生理のおじさんとその娘」も含め、僕の中では「挑戦的な脚本を書かれる方」という印象です。しかも、挑戦的でありながら、視聴者の共感を得られるように書かれるところが、すごいなと。さらに、専門知識も必要なはずなので、以前、ご本人に伺ってみたところ「勉強しながら何とか書いています」とおっしゃっていて。でも、勉強したばかりの知識を基に書かれたとは思えないほど、素晴らしい脚本なので、毎回驚かされています。

-今後の直明の注目ポイントを教えてください。

 少し先になりますが、直明が、それまで全面的に認めていた寅子に反論するシーンがあります。その後の寅子の人生を左右する重要なシーンで、僕がずっと語り掛けるのですが、伊藤さんと2人だけで撮影に臨み、いい緊張感の中で演じることができました。監督や現場を見学していた芝居に厳しい事務所の方も、「いいシーンだった」と本気でほめてくださったので、僕もオンエアを楽しみにしています。

-それでは最後に、視聴者への言葉をお願いします。

 昭和の時代を舞台にした物語ですが、現代とリンクする部分も多く、さまざまな問題について考えさせられると同時に、コミカルな場面も多いので、気軽に楽しんでいただけると思います。その中で寅子のそばにいる直明がどんなふうに成長していくのか、ぜひ見守っていてください。

(取材・文/井上健一)