川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。

それでも諦めきれず、思いのままに夜行バスに飛び乗り神戸へと向かうが…。

 そんなこととはつゆ知らず、家に帰り家族にも再会したコウタロウ。記憶は戻らないながらも百合子(大政絢)の献身的なサポートを受けて、副社長の仕事に復帰することに。

 一段落したら七苗の元へ帰る予定だったコウタロウは、七苗へそのことを伝えるも、なぜか突き放されてしまう。さらに、百合子との結婚の話も進み、もどかしさを感じていた。

 一方、七苗はコウタロウへの思いを誤魔化すかのように、おおば湯のリニューアル準備に打ち込んでいた。

その様子を一同は気に掛けながらも、ついにおおば湯リニューアルオープンの日が訪れる。

 そんな中、六月(木南晴夏)は松嶋(井之脇海)から、ある決意を打ち明けられる。

 終盤では、神戸で暮らすことを決断したコウタロウが、電話で七苗に「俺はこっちの生活に戻ろうと思う。仕事復帰できたし、手厚いサポートも(ある)。だから心配しないで」と告げる。

 七苗は「分かった。

コウタロウさんと会えてよかった。元気でね」と感謝を伝え、2人は破局を迎えるが、電話を切った七苗は「どうしよう…。大好きだった」と六月と八海(畑芽育)の前で涙するのだった。

 放送終了後、SNS上には、「川口春奈ちゃんの涙の演技に吸い込まれた。ラストは切な過ぎて号泣」「めっちゃボロ泣き。幸せになるよ、七苗ちゃん」「七苗と一緒に泣いた。

こんなのつら過ぎる。しんどい…」「涙腺崩壊してヤバい。コウタロウは何? 強がりなの?」「ラストは悲しくて号泣。それでいいのか、コウタロウさん!」など、七苗の姿にもらい泣きした視聴者の声が多く集まった。

 また、次週放送の最終回について、「優しいコウタロウさんは両親や婚約者の思いに応えようと七苗との別れを決めたのだろうけれど、最終回はどうなるのだろう」「最後は七苗とコウタロウ、六月と松嶋さん、八海と陽太(木戸大聖)、それぞれが結ばれてハッピーで終わってほしいな」といったコメントも寄せられた。