映画『お母さんが一緒』(7月12日公開)の完成披露上映会が19日、東京都内で行われ、出演者の江口のりこ、内田慈、古川琴音、青山フォール勝ち(ネルソンズ)と橋口亮輔監督が登壇した。

 本作は、親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹が、あることをきっかけに互いを罵倒する修羅場へと発展する様子をユーモラスに描いたホームドラマ。

 撮影現場の様子と3人の本当の仲を聞かれた長女・弥生役の江口は「とにかく、旅館の⼀室に閉じこもって、何日も何日もやっていたので、とても大変でした。でも、何もない所で、朝から晩まで⼀緒にいると、どうしたって仲良くなるんですよね」と振り返った。

 一方、次女・愛美役の内田が乱闘シーンについて、「とにかくけがだけはしないようにと思いつつ、一生懸命やりました」と語ると、三女・清美役の古川は「乱闘シーンに関しては、あまり記憶はないんですが、映画を見て、もっと泥くさく映っているのかと思っていたら、意外と青春に見えたので驚きでした」と語った。

 清美の恋人役でレスリング元日本代表の青山は、乱闘シーンについて「内田さん、結構強かったです。圧倒されましたね。『女の人、怖っ!』って思いました」と明かした。

 乱闘以外でも、3人が互いを罵倒するシーンが繰り広げられるが、特に響いたせりふや心に刺さった言葉を尋ねられた江口は「弥生としては、たくさんありますけど、『うまくいかないのを全部、お母さんのせいにしている。お姉ちゃんがブサイクなのは、根性がブサイクなんだ』と言われるのは、なかなかすごいことですよね…」と語った。

 このせりふを言った内田も「あれは確かにすごいせりふだと、言いながら思っていました」と納得。橋口監督も「撮影をしながら皆で『今、⼀線を越えたよね。他人同士だったら関係が壊れているよね』と言っていました」と同意した。

 また、古川が「内田さんが『不潔かよ!』と言われた時のあの表情が…。

確かに姉妹から『不潔』って言われたらら相当ショックだろうなと思いました」と語ると、内田は「初めて(脚本を)読んだ時、笑っちゃいましたもん。この人、家族に『不潔』って言われるんだって」と返した。

 最後に江口が「私はこの映画が大好きなので、いろんな人に宣伝してもらいたいです」と呼び掛けると、橋口監督は「いつもの私の映画とは趣が変わって、楽しくて笑えて、そしてちょっと切なく痛いところもある、軽快な物語になっていると思います。本当にこの4人の出演者が、奇跡的にスケジュールが合いまして、去年の9月に撮影に入れたたことが幸運だし幸せなことでした」と語った。