AndroidのAlways-On Displayでパームリジェクションが開発中

AndroidのAlways-On Displayでパームリジェクションが開発中

Always-On Displayは、画面全体を明るくしなくても時間や通知などといった重要な情報を表示できる便利な機能です。これは夜の目の疲れを軽減するだけでなく、バッテリーの寿命を長持ちさせることにもつながります。しかしいわゆるパームリジェクションには対応していないため、ポケットからスマホを取り出しただけで画面が点灯してしまうという欠点もあります。あるユーザーがこの欠点について要望を送ったところ、Googleはこれを解消すべくパームリジェクションの開発を始めました。

要望は先月末にGoogle Issue Trackerから送られたもので、GoogleにAndroid Qへパームリジェクション機能を載せるよう求めました。

Google Issue Trackerは人々がさまざまな提案をGoogleに対してできる場所で、Googleもしばしばこの提案の中から面白いと思うものに対してレスポンスしています。同社は先週、さきほどの提案に答え、同機能を今後利用できるようにすると発言しました。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

あわせて読みたい

気になるキーワード

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る 2019年6月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。