2020年iPhoneでiPad Proの120Hz駆動ディスプレイ採用は確実?

2020年iPhoneでiPad Proの120Hz駆動ディスプレイ採用は確実?

120Hzで駆動するディスプレイをモバイルデバイスに最初に採用するのはAppleだと思われていましたが、その座はRazerが奪っていきました。Appleが120Hzディスプレイを搭載するという噂が出て以来、発表が待たれる中、そろそろその足音が聞こえてきました。

DigiTimesによると、Appleは2020年のiPhoneに、iPad Proの120Hz駆動「ProMotion」ディスプレイを採用する予定だとしています。現在のiPhoneはどれも60Hz駆動のため、もし120Hzのディスプレイが搭載されればかなりユーザー体験が変わると考えられます。

スマートフォンマーケットはとても成熟しており、新世代のスマホが与える影響は年々減ってきています。そんな中で、リフレッシュレートの改善は歓迎すべきことでしょう。多くのメーカーが高リフレッシュレートディスプレイの搭載に向けて開発しているようですが、知る限り、Razer Phone 1や2とASUS ROG Phone 2が120Hzに対応する他は高くても90Hzとなっています。

しかし、高リフレッシュレートはその分バッテリーも消耗します。最近も、GoogleがPixel 4のリフレッシュレートに制限を掛けていたことが分かったばかり。Appleがこの問題をどう考えるのか、今から注目です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

あわせて読みたい

気になるキーワード

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る 2019年10月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。