ツイートをアンドゥしたり編集したりできるサードパーティクライアント「Brizzly+」

ツイートをアンドゥしたり編集したりできるサードパーティクライアント「Brizzly+」

Twitter利用者の中には、ツイートを編集したりアンドゥしたりできるようにしてほしいと要望している人もいるかもしれません。しかし、そうしたアイデアについてはTwitterのCEOが否定する考えを以前に示していました。これは、Twitterユーザーはその瞬間瞬間に生きているためで、ツイートを編集できるようになってしまうとユーザーが何に反応したかも分からなくなってしまうためです。

しかしそうした機能が欲しいという人向けに、Brizzly+というサードパーティクライアントが登場しました。これは月額6ドルで利用できる有料アプリで、どのように機能するかというと、ツイートボタンを押してから10秒~10分の間、実際の投稿を遅らせることができるというものです。

つまり、その間なら投稿の再編集や取り消しが可能ということです。逆に言えば、このクライアントを使っていても実際にTwitterに投稿されてしまったら、再編集などはできません。

また、このクライアントではツイートの自動削除も可能。InstagramやSnapchatのように公開から期間を決めて削除を指定できます。しかしこれについてはTwitterが公式に似た機能をテストしているところ。

いずれにせよ、Brizzly+を使ってみたいという人は、公式サイトを見てみるといいでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

あわせて読みたい

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。