米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回る

米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回る
拡大する(全2枚)

米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回るの画像はこちら >>

数ヶ月前に、初めてAppleiPhone 13を発表した時、反応はあまり良くありませんでした。アップデートされたチップセットを含め、ハードウェア面で改良されましたが、全体的にはかなりのマイナーアップデートに感じられ、iPhone 12やiPhone 11と比べても特にワクワクするような点はありませんでした。

ただし、非常に段階的なアップグレードにも関わらず、AppleのiPhoneは依然として飛ぶように売れているようです。Wave7 Researchが実施した調査によると、実際に米国市場での発売時点でiPhone 13への需要がiPhone 12を上回っていたことがわかっています。

つまり、iPhone 12が発売された2020年と比較して、iPhone 13の発売ははるかに上手く行っているようだということです。この調査では、店鋪来客数の増加や5G網の普及、カメラの改良、シリーズの一斉販売等の要因が、iPhone 13の成功を導いたと示唆されました。

唯一の問題は、世界的な半導体不足によって、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxの一部モデルで出荷に遅れが出ていることです。マイナーアップデートにも関わらず、多くの人がiPhone 12よりもiPhone 13に興味を持っているというのは実に興味深いですが、それがAppleの持つブランド力なのだと思われます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

The post 米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回る first appeared on Ubergizmo JAPAN.

この記事の画像

「米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回る」の画像1 「米国でiPhone 13の需要がiPhone12を上回る」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク