1インチ”型”センサーとなるSony IMX 989が発表
拡大する(全2枚)

1インチ”型”センサーとなるSony IMX 989が発表の画像はこちら >>

発売予定のXiaomi 12S Ultraのメインカメラには、新型1インチセンサー「Sony IMX989」が搭載されます。これまで、Sony Xperia PRO-Iや他のスマートフォンで同様のサイズのセンサーが採用されてきました。しかし、IMX989は”スマートフォン用に開発された”新型センサーで、設計や開発費を含めてXiaomiが関与しているようです。

2022年上半期のスマートフォンTOP5にもXiaomi 12 Proが挙がっているので、同ブランドの”カメラファースト”な次期スマートフォンからも目が離せません。

過去には、Xperia PRO-Iが、当初は高機能なコンパクトカメラ「Sony RX100 VII」用に設計された1インチセンサーの派生モデルを採用しました。ただ、おそらく光学系のサイズと奥行きが制限されていたことが原因で、Xperia PRO-Iはセンサーの性能を完全に引き出してはいませんでした。

残念ながら、24MP全てではなく12MPしか使用していないなら、大型センサーを採用している意味がありません。

もちろん、効果的な12MPは素晴らしいピクセルサイズと全体的なセンサー機能を備えていますが、半導体の観点から見ると、多くのチップ領域(つまりそれにかかる費用)が無駄になります。

モバイル向けカメラセンサーのサイズが、過去数年間の急速な成長の後、ここ1年間は停滞しているのはそれが理由です。「ソフトウェアによる性能向上」を謳うマーケティング手法の一方で、多くの写真撮影性能はカメラハードウェアの向上によって改善されてきました。UbergizmoではCAMERA HWベンチマークで性能を測定しているのは、まさにそれが理由です。


この記事の画像

「1インチ”型”センサーとなるSony IMX 989が発表」の画像1 「1インチ”型”センサーとなるSony IMX 989が発表」の画像2