対称性で世界を変えていくAR/VR・建築業界の革命児「SYMMETRY」【#symmetry】

対称性で世界を変えていくAR/VR・建築業界の革命児「SYMMETRY」【#symmetry】

対称性で世界を変えていくAR/VR・建築業界の革命児「SYMMETRY」【#symmetry】

皆さんこんにちは。河上 純二 a.k.a JJです。
世界を変えるスタートアップ企業にフォーカスしたレポートをお届けします。
第3回目はVR領域で最先端を走る「Symmetry Dimensions Inc. (シンメトリー・ディメンションズ・インク)」にお邪魔しています。
彼らのサービス「SYMMETRY」は3DCADデータを取り込んで、誰でも簡単にVR空間で実寸大の大きさで見ることができるソリューションです。

エンタメからはじめて「SYMMETRY」が出来るまで


VR領域をやろうとしたきっかけは、2013年に発売されたVRのコンシューマー機であるOculusの登場でした。それを手に入れ初めてVRに触れ、非常に大きな可能性を自分の中では感じていました。
当時、海外では日本に先駆けてVRの勢いは盛んで、VRスタートアップへの投資も伸びていました。
さらに決定的な機会となったのは、2014年にFacebookがOculusを20億ドル買収したことです。
これがきっかけで、すぐにでも海外に行って投資をもらってでもはじめたいと思い、この会社を立ち上げました。

会社を立ち上げてしばらくは、エンターテイメント領域×VRにチャレンジしていました。
VRゲームを作ってみたり、NHKエンタープライズさんと360度視点のVRドラマ制作をしたり、また通信キャリアと将来のVRコミュニケーションのプロトタイプを作って、SXSWに出展していたりしました。
しかし同時に、まだハードは重いし、値段も高いので、一般のユーザーがVRを手軽に楽しめる段階にはまだないと、ある種限界のようなものも感じていました。
当時、同時進行ですすめていたプロジェクトで「設計デザインデータをそのままVRにできないか?」というのがありました。建築で使う3DCADデータを取り込んで、VR空間内に実寸データで配置するというものでした
プロトタイプを作り試しに国内の展示会に出店したところ、建築土木業界の一部の人から強烈な支持を頂きました。これは行けるかも!ということで、2016年1月にエンターテイメント領域をやめて建築土木・設計の分野、いわゆるBtoBでのVRを領域に転換しました。


あわせて読みたい

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。