Apple Iコンピュータ、50万ドルで落札

Apple Iコンピュータ、50万ドルで落札

Appleが初期に販売したコンピュータの中には、今になってより高額な値がつくものがあります。今回はブリーフケースに入ったApple Iがそのようです。

これは、Appleがこれまでに製造した個体の中で、現存する残りわずかな個体です。Apple Iは1976年にスティーブ・ウォズニアックが手作業で作ったもので、オークションで50万ドルの値がつきました。

Apple Iは革張りのブリーフケースに収められ、ブリーフケースにはキーボードが統合されています。

Apple Iの販売当時のことを覚えている人ならば、Apple Iにはケースがなかったことを覚えているのではないでしょうか。ユーザーは666ドルで基盤を買い、ディスプレイとキーボードをこれに接続していました。

このコンピュータをどんな入れ物に収めるかは、あくまでユーザーに任されていました。そこで、Apple Iを購入した誰かがブリーフケースに収めることを思いついたのでしょう。これは基盤を守るだけでなく持ち運びやすさも同時に確保するユニークな方法といえます。

Apple Iは約200ユニットほどしか製造されておらず、現存するとされるのは約70ユニット。今回オークションにかけられた個体のモデルナンバーは10でした。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

あわせて読みたい

気になるキーワード

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る 2019年5月30日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。