お寺・神社に泊まる修行体験者も急増! 全国「宿坊」ガイド34&正しい泊まり方

お寺・神社に泊まる修行体験者も急増! 全国「宿坊」ガイド34&正しい泊まり方
寺社の歴史や信仰を背景にした日本の心、文化を体感できる「宿坊」の全国ガイド。一般の宿泊施設にはない宿坊の魅力や、利用する前にチェックしておきたいことなどもまとめました。
「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】
■宿坊を利用する前にここをチェック!―宿坊の歴史
そもそも宿坊とは、寺社やその近隣にもうけられた僧侶や参拝者のための宿泊施設だ。そのはじまりは平安時代といわれ、当初は寺院が僧侶に宿を提供していたのが、時代とともに貴族や武士、やがて一般の参詣者、観光客へと門戸が開かれていったらしい。
江戸時代には、お伊勢参りや善光寺詣でが大人気に。「遠くとも一度は詣でたい」という人々の憧れを反映し、各地の大寺社では宿坊が整備され、ある種観光事業を形成するようになった。現在ある宿坊はそうした文化を守り続け、今に伝えてくれる場所なのだ。
■宿坊の運営元と特徴
宿坊は大きく寺院系と神社系に分けられ、前者の運営は主に僧侶、後者は神職が中心となる。寺院の宿坊に仏殿や仏壇がありお勤めが行われるのに対し、神社の宿坊には神殿があり、祈祷などが行われる。供される食事も、前者は精進料理で、後者では土地の名物である海の幸などが加わることも。
なお、一般の宿泊施設に近い感覚で利用できる宿坊だが、そこは宗教施設。仏さまや神さま、行われる行事に対する敬意は忘れないようにしよう。とはいえ、無宗教であったり宗派が違うという人の利用も、常識的なマナーを守ればまず問題ないはずだ。ただ、滞在をより充実したものにするために、また宿坊に対する礼儀としても、次で紹介する運営に関わる寺社についての基本的な知識はあらかじめ知っておきたい。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2013年2月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。