【V系/音楽】ライブハウスの実情とは? 老舗「西九条BRAND NEW」スタッフに聞いた

【V系/音楽】ライブハウスの実情とは? 老舗「西九条BRAND NEW」スタッフに聞いた
多数のヘヴィメタルやハードロックバンド、そしてヴィジュアル系バンドを輩出した関西の老舗ライブハウス「西九条BRAND NEW」。今回はブッキングマネージャーの岡西さんに西九条BRAND NEWの歴史やライブハウスをとりまく現状についてお話を伺ってきました。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】
――「西九条BRAND NEW」は関西の中でも歴史のあるライブハウスだと思いますが、前身の「ヤンタ鹿鳴館」まで含めると、何年くらい続いているのでしょうか?
岡西:ヤンタ鹿鳴館のオープンが1985年になるので、28年ということになります。「バーボンハウス」や「バナナホール」といった関西の有名ライブハウスと同じくらいの時期からありますね。
――岡西さんがBRAND NEWに関わるようになったのは何年くらい前からなんでしょうか。
岡西:最初はヤンタ鹿鳴館時代に、イベントを持ち込んだり、司会をやったりという形で関わってました。今から24年くらい前になりますかね。
――その頃はどの辺のバンドが出てた感じだったんですか?
岡西:僕が働きだす以前はハードロック系のバンドが一番多くて。それと、ヴィジュアル系というか、「その後"ヴィジュアル系"と呼ばれることになるであろう」バンドが出てきだした頃だと思います。色々出てきた状況の中で、LUNA SEAとか後の西川くんのバンドのLuis-Maryとか。SOPHIAの前身になる松岡くんのバンドもよく出ていたり。

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2013年11月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら