【書評】西尾維新が『ジョジョの奇妙な冒険』を書いた - 研究員レポート

【書評】西尾維新が『ジョジョの奇妙な冒険』を書いた - 研究員レポート
 ライターズ・ライターという言葉がある。その作品に対し、同業者が尊敬の念を払う作家のことである。今の日本エンターテインメント界でもっとも崇拝者の数が多い現役作家が誰かといえば、それは荒木飛呂彦なのではないだろうか。

 シリーズ第8部の幕明けを告げる『ジョジョリオン 』第1巻が12月に発売されたが、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』の連載が「週刊少年ジャンプ」誌上で始まったのは1987年のことだ。掲載誌を替えて続く連載は、なんと今年で四半世紀を超える。
 『ジョジョ』は、ジョナサン・ジョースターが主役を務める第1部の段階ではまだ知る人ぞ知るマイナー作品に過ぎなかったが、第2部で2代目の主人公ジョセフ・ジョースターが登場し〈波紋〉を駆使して〈柱の男〉たちと闘い始めるや、一気に人気に火がついた。そして第3部、『ジョジョ』の代名詞ともいえる〈幽波紋(スタンド)〉の設定が公開され、作品の地位を不動のものにしたのである。その第3部で3代目主人公・空条承太郎の敵役として再登板したのが、第1部の影の主役ともいえる人物、DIOことディオ・ブランドーだった。
 ディオは策略によってジョースター家を乗っ取ろうとし、その企みが挫折したと見るや石仮面を被って自らの体を吸血鬼と化した人物だ。「人間を捨てた」ディオは第1部の最後で滅びたかに見えたのだが、しぶとく生き延びて海底に没した柩の中で復活の機会を伺っていた。それから100年の時が経ち、再びジョースター家の血を引くものとの闘争を繰り広げるのである。

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2012年1月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。