『ごめんね青春!』低視聴率が気になる今こそ振り返る、“クドカン×ジャニーズ”名作ドラマ

TBS系日曜9時から放送されている『ごめんね青春!』の低視聴率が話題になっている。初回こそ2ケタの10.1%だったが、2話以降は1ケタに沈み、5話まで7.7%、6.7%、6.7%、7.4%と推移している(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)。
TVドラマが打ち切りになる背景は?
NHKの朝ドラ『あまちゃん』で全国的にも知名度を上げた宮藤官九郎の脚本で、ジャニーズの錦戸亮の主演。だから余計に話題になるのだが、クドカン×ジャニーズのドラマは過去にも視聴率が低い作品はあった。そして何より、名作も多かった。
ということで、今回はこれまでに宮藤官九郎が脚本を書き、ジャニーズが主演したドラマを一気に振り返ってみよう。
■『I.W.G.P』から始まったクドカン×ジャニーズ
宮藤官九郎を脚本家として本格的にテレビの世界に引き入れたのは、TBSの磯山晶という女性プロデューサーだ。1999年に放送された深夜ドラマ『コワイ童話』で磯山晶がプロデュースした『親ゆび姫』という作品があり、そこで宮藤官九郎が初めて単独で脚本を書いている。
磯山晶は、過去のインタビューで、イケメンがイケメンの役を演じてもあまり興味をそそられないと語っている。ジャニーズのようなイケメンがクドカンの破天荒な世界に入るからこそ、ジャニーズの新たな一面が見られると考えているようだ。
結果的に、クドカン×ジャニーズのドラマは、すべて磯山晶がプロデュースして、TBS系で放送されている。

当時の記事を読む

ウレぴあ総研の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク