「子どもがスマホ・ゲーム漬けにならない子育て法」時間制限なしでも大丈夫!?

「子どもがスマホ・ゲーム漬けにならない子育て法」時間制限なしでも大丈夫!?
拡大する(全1枚)
幼児や小学生の子どもに、スマートフォンやゲーム機(ニンテンドースイッチ、ニンテンドー3DSなど)をやらせていますか? ルールはどうしていますか?
ディズニーのプログラミング教材「テクノロジア魔法学校」を9歳の娘にやらせてよかった2つの理由
スマホやゲームを与える際に、親からよく聞かれるのが「子どもが、スマホ漬け、ゲーム漬けにならないか心配」との声。
「買い与えていない」や、「1日30分や1時間など、時間制限をしてやらせている」など、各家庭で工夫がなされていますが、いったい、どのようなやり方が正解なのでしょうか。
「無制限にやらせても、スマホ・ゲーム漬けにならない」という、とある家庭の子育て方法を紹介します。
■ほどなく飽きて他の楽しみを探しはじめる
我が家には、現在、小学3年生と、小学1年生の子どもがいます。
どちらにも、時間制限することなく、好きにやらせていますが、スマホ漬け、ゲーム漬けとはほど遠い状況です。
たとえば夏休み、父親である私が、大半は自宅で仕事をしているので、子どもたちは1日中家にいます。
当然、ニンテンドースイッチで「スプラトゥーン2」をやったり、スマートフォンやタブレットで動画を観たり、アプリで遊んだりしています。
が、朝には、自分から進んで宿題や自由研究の工作をやりますし、夕方には、晩ご飯やお風呂の支度をします。
先日は、10日間くらい取材やキャンプでお出かけ続きだったのもあり、特に「外で遊びなさい」とも何とも言わずに、本人たちに任せておきました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ウレぴあ総研の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク