【書評】才能とは何かと問う将棋小説『サラのやわらかな香車』 - 研究員レポート

【書評】才能とは何かと問う将棋小説『サラのやわらかな香車』 - 研究員レポート
 ――才能って何だろう? 天才ってどういうことだろう?

 この問いが支配する小説だ。

 これまで数多くの才能を世に送り出してきた小説界の登龍門、小説すばる新人賞の第24回受賞作である。題名は『サラのやわらかな香車』、作者の橋本長道は1984年生まれで1999年に中学生将棋王将戦で優勝し、その後プロ棋士を養成する新進棋士奨励会に入会、1級まで昇給するも2003年に退会したという経歴の持ち主だ(その後神戸大学を卒業し、2010年にジャンプ小説新人賞フリー部門特別賞を受賞)。題名と経歴から察せられるとおり、これは将棋の小説である。
 将棋と聞いて身構えてしまう読者は多いことだろう。でも大丈夫。すべてのボードゲームにおいて才能がないと小学生のうちに宣告された筆者でも(む、むごい……)この小説は楽しむことができた。対局の模様はたとえルールがわからなかったとしても息詰まるサスペンスを醸し出す。そして何より魅力的なのは、冒頭に書いたとおり、人に才能があるというのはどういうことかという、普遍的な問いかけが全篇にわたって繰り返されることである。
 よく知られているとおり、新進棋士奨励会には年齢制限がある。そこに入会してくるのは、みな地元では天才、神童と将来を嘱望された者たちだろう。しかし現実は残酷である。「地元の神童」たちの多くは、やがて己の限界を自ら知ることになるのだ。天を掴むべく昇り続けていける者と、階段の途中で立ち止まってしまう者の力量の差は、驚くほどに明確である。その違いがいつ、どこで生まれるのかは、永遠に答えの出ない問いなのだろう。かつて自身も奨励会の一員として天を目指した橋本も、幾度となくその問いを噛み締めたはずだ。

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2012年2月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。