2019年に観ておくべき映画、厳選25本!【洋画編】

2019年に観ておくべき映画、厳選25本!【洋画編】
『名探偵ピカチュウ』5月公開 ©2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2018 Pokemon
2018年は洋画が再び話題を集めて、『ボヘミアン・ラプソディ』が空前の大ヒット! そこにあったのは感動のドラマと迫真の演技、そして懐かしい熱狂と新しい輝き。2019年もまさにそんな魅力に満ちた注目作が盛りだくさん。洋画の躍進はさらに続いていきそうだ。
【写真26枚】観ておくべき洋画、厳選25本!をじっくり見る
■真実が胸を打つ!ドキュメンタリー&実話
『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』1月4日(金)公開
不慮の死を遂げた歌姫=ホイットニー・ヒューストンに迫るドキュメンタリー。
『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』(99)で第72回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したケヴィン・マクドナルドが監督を務め、元夫のボビー・ブラウンや、全世界で4億ドルの大ヒットとなった『ボディガード』の相手役=ケヴィン・コスナーらも出演。
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』1月18日(金)公開
初長編『ライ麦畑でつかまえて』で一躍時代の寵児となりながらも、なぜ彼は表舞台から姿を消したのか……。
2019年1月1日に生誕100周年を迎えた小説家J・D・サリンジャーの知られざる半生と苦悩を映画化。
サリンジャーを『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)のニコラス・ホルト、恩師のバーネットをケビン・スペイシーが演じている。
『ファースト・マン』2月8日(金)公開
人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号の宇宙飛行士=ニール・アームストロングの伝記を、『ラ・ラ・ランド』(17)の監督=デイミアン・チャゼルと主演=ライアン・ゴズリングのコンビが再び組んで描き出す。...続きを読む

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2019年1月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。