【書評】大学教授が描く、身の毛もよだつ恐怖『クリーピー』 - 研究員レポート

【書評】大学教授が描く、身の毛もよだつ恐怖『クリーピー』 - 研究員レポート
 CREEPY。「(恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような:気味の悪い」

 改めて書くまでもないことだが、ミステリーの大事な要素として犯罪を描くということがある。犯罪という局面では、人間の異様な貌が見えることがある。今でも覚えているのが、1989年に起きた坂本堤弁護士一家殺人事件だ。一家三人を殺したのはオウム真理教(当時)の幹部たちだとされている。そのうちの一人が自白したところによると、彼らは新潟県の山中に三人の遺体を埋める際、途中で蟹を購入し、それを食べながら作業を行ったのである。死体遺棄の最中に蟹、という取り合わせが私には気持ち悪くて仕方ない。また、2000年12月30日に起きた世田谷一家殺人事件(未解決)では、犯人が殺害実行後も現場にとどまり、某有名劇団のサイトにアクセスしてチケットを予約しようとした形跡があるという。これも三人を殺害した人間のやることとは思えない。
 突如としてつきつけられた異形は「身の毛がよだつような」と形容するのがふさわしいほどに日常からかけ離れたものだ。しかしそれは、間違いなく日常に接続している。出来事の異様さにおののいた後に、真の恐怖が待っている。それは自分の隣人、いや自身に降りかかってくるかもしれないからである。

 前川裕『クリーピー』は、住宅街の一角でひっそりと起きた惨劇を描く作品だ。第15回日本ミステリー文学大賞新人賞の受賞作である(同時受賞は、川中大樹『

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2012年3月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。