今「春画」が女性を夢中にする理由とは? 橋本麻里さんに聞いた“ギリギリ”の魅力

今「春画」が女性を夢中にする理由とは? 橋本麻里さんに聞いた“ギリギリ”の魅力
喜多川歌麿《歌満くら》天明8(1788)年 個人蔵—「【春画展】これぞ究極のエロス! “春画ワールド”に酔いしれる超耽美なアート展日本初上陸」
永青文庫で開催中の「春画展」の入場者数が12月13日現在で18万人を超えました。18歳未満入場禁止のオトナの展覧会にして驚異の数字です。
【春画ギャラリー】あの名画の、ちょっとエッチな“擬音”&制約の美
展覧会と合わせて楽しめる『SHUNGART』の編集執筆を手がけた、主に日本美術のライターで編集者の橋本麻里さんに「江戸のポップアート」と称される春画の魅力を尋ねました。
■「春画」は江戸時代の“イケてるグラフィック”
「世界が、先に驚いた。」というキャッチコピー通り、この展覧会は、2013年秋から2014年初めにかけて大英博物館で開催されて約9万人を動員した「春画 日本美術の性とたのしみ」を受けて企画されたもの。
大英博物館とロンドン大学、国際日本文化研究センター、立命館大学の共同プロジェクトなのですが、日本では会場探しが難航し、永青文庫の理事長・細川護熙氏が手を差し伸べてようやく今年9月から始まりました。
イギリスでは「ユーモアや情感、遊び心があり、日本人の印象が変わった」という声も聞かれ、入場者の半数が女性だったそう。日本初となる今回の春画展でも、特に若い女性たちが絵の美しさを賞賛。

同人誌などのアマチュア作家たちも「現在のエロティシズム表現のすべてがある!」と盛り上がっています。「とにかくまず絵を見てほしい」と橋本さん。
「春画には専門の絵師がいたわけではなく、表の浮世絵で知られている絵師が、裏の春画も描いていました。なかでも喜多川歌麿は一人抜きん出てうまい!

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2015年12月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら