なぜ"フェチ"はここまでブームに? 春画、ニーソ、ふともも…10のトレンドから検証&2016ヒット予想

なぜ"フェチ"はここまでブームに? 春画、ニーソ、ふともも…10のトレンドから検証&2016ヒット予想
フェチフェス05 (提供=フェチフェスフロンティア)
2015年は「フェチ」が熱かった!!
2015年の“フェチ”トレンドを写真で振り返る【写真11枚】
「フェチ」は、「フェティシズム」の省略形です。フェティシズムは、物・体の一部・特殊なシチュエーションなど、人間以外に執着して偏愛する嗜好のことです。ただ、最近流行の「フェチ」という言葉は、もっと軽い意味で使われます。「マニア」や「コレクター」の言い換えだったり、「~好き」を「~フェチ」と表現したり、といった感じです。
今や日常語ともなりつつある「フェチ」。そんなフェチを象徴するイベントが2015年にたくさん開催されました。イベント巡りを生き甲斐とするみみずくが今年一年のフェチトレンドを振り返ります。
■春画に見る古典的なエロスへの回帰
2015年、日本のアートシーンに大きな衝撃を与えたのが「春画展」です。
「春画」は、江戸時代を中心に流行した性風俗を描いた絵。エロスとユーモアが満載で、海外でも高く評価されています。2013年から2014年には、「春画 日本美術の性とたのしみ」が大英博物館で開催され話題となったくらいです。
一方、日本国内では、春画がタブー視されてきました。春画の露骨な描写がネックでした。多くの美術館が春画を敬遠していた中、2015年9月から目白台・永青文庫が「春画展」を開催!
春画に描かれた古典的なエロスは、後世の人たちの感性にも影響を与えてきました。たとえば、葛飾北斎『喜能会之故真通』には、タコが海女に絡みつく官能的な絵が収められています。この絵は、「触手」と呼ばれるフェチジャンルの原点とされます。

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。