【書評】まったくためにならない小説-丹下健太『仮住まい』 - 研究員レポート

【書評】まったくためにならない小説-丹下健太『仮住まい』 - 研究員レポート
 今回はまったくためにならない小説をお薦めしたいと思う。今出ている「プレジデント」は特集が「仕事リッチが読む本 バカを作る本」で(すごいタイトルだ)、成毛眞氏と土井英司氏がビジネスマンに「どんな本を読んでいるか」を回答してもらったという内容のアンケート結果を見て「仕事ができないから、こんな本を読んでるんだ」と断定するというものすごくおもしろい対談をしている。普段ビジネス雑誌を読まない私でも買ってしまいましたよ。その対談の場に「えーっと、こんな本を読んでまして」と持っていったら、何を言われるか判ったものではない。そのくらいためにならない小説だ。いや、だからこそおもしろいんですが。くだらないって、なんて素晴らしいことなんだろう!

 それは丹下健太『仮り住まい』である。丹下は2007年に『青色讃歌』で第4回文藝賞を受賞してデビューした新鋭で、これが3冊目の著書である。無職の男性がいなくなった猫を捜すという話の『青色讃歌』にはまだ「しみじみとする」とか「何かを語っているような気がする」とかいう「いい話」要素があったのだが、第2作『マイルド生活スーパーライト』で完全にフォースの暗黒面に落っこちた。これは徹頭徹尾くだらないことしか書いていない、駄目男子の小説だったのである。安定した仕事に就けないばかりか、彼女にも振られてしまった男・上田が主人公だ。「あんたとの未来を川の上流から流れてくる葉っぱに喩えるとすると、それがまったく見えないからもう無理(大意)」という説明で彼女に振られてしまった上田は、夜の川で友人たち(同じく彼女なし)に葉っぱを流してもらい、それが本当に見えないのか(大意)という実験をしようとする。思い立つやつも思い立つやつだが、つきあう友人も友人だ、という無意味な実験だ。この場面がすばらしくばかばかしく、丹下健太は私の中で若手トップクラスの注目株となった。なんの意味もないことをまじめくさって書く才能というのは、得難いものなのです。

あわせて読みたい

ウレぴあ総研の記事をもっと見る 2012年4月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。