SHINeeテミン、王子の風格!初のアリーナツアーロングレポ「もっとも象徴的だったシーンは…」

SHINeeテミン、王子の風格!初のアリーナツアーロングレポ「もっとも象徴的だったシーンは…」
拡大する(全1枚)
撮影:坂口正光
■初のアリーナツアー、象徴的だったシーンは?
SHINeeのテミンが8月12日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで、初のアリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」最終公演を迎えた。
【写真14枚】SHINeeテミンのベストショットをさらに見る
SHINeeのメンバーの中から先陣を切って『さよならひとり』で日本ソロ・デビューを果たしてから4度目の夏。
一昨年の日本武道館での初ソロステージや昨年のホールツアーから今年のアリーナツアーへと着実にステップアップを重ね、本ツアーでは6月8日の北海道真駒内セキスイハイムアイスアリーナからスタートし、全国7カ所17公演で15万人を動員した。
このツアーで象徴的だったシーンは、オープニングとエンディングだ。
1曲目の『TIGER』の前、アカペラでテミンの歌声が聴こえると、そこに徐々にリズムが加わってゆき、彼本人が登場する。
ほんの短い時間を彩るその曲は、彼の韓国ソロ・デビューアルバムと同タイトルで1曲目に収録されている『Ace』だ。
ステージ奈落から上がってくる様は、まさに“Ace登場!”というオーラに包まれていた。
しかも、このオープニングのためだけに純白のローブをまとっているのだが、まさにそこには王子の風格、Aceの風格が漂っているのだ。
そしてアンコールの最後、ライブのエンディングを飾ったのは、韓国で“テミン・スタイル”を確立した『Danger』だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ウレぴあ総研の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク